田端到・加藤栄の種牡馬辞典のブラックタイドのページがキタサンブラックの適正を見事に言い当てていた

2015年の中央競馬も終わりました。
有馬記念は父スクリーンヒーロー×母父キョウワアリシバという超シブい血統のゴールドアクターが勝ちました。
モーリスといい、スクリーンヒーローのポテンシャルの高さが光る結果でしたね。ロベルト系らしい感じ。

さて、今年の有馬記念3着に入ったキタサンブラック。菊花賞を勝って有馬記念も3着と立派な成績でしたが、人気的には有馬記念ではG1馬で菊花賞で負かしているリアファルよりも低人気と好成績を残しても人気になりにくいタイプでした。
多分その背景にはゴールドアクターのように地味ーな血統があるのでしょう。ブラックタイド×母父サクラバクシンオーは字面的に距離が伸びると不安になる感じですからねえ。

そこでなんとなく、田端到・加藤栄の種牡馬事典2015・2016のブラックタイドのページを見直すと、まんまキタサンブラックの適正が書いてありましたw

続きを読む

2歳戦における、阪神1600mの傾向

今年から朝日杯FSは阪神開催。
これまで中山で行われてきたレースで、結構特異な結果を残す印象のレースで、阪神開催への変更はやや残念なのが個人的な印象。

過去のデータもないので、2歳戦における阪神マイルコースの傾向を調べてみました。

続きを読む

田端到・加藤栄の種牡馬辞典は血統が好きなら読んでおくべき一冊

田端到・加藤栄の種牡馬辞典は最高だった

毎年毎年出る度に気になっていた「田端到・加藤栄の種牡馬事典」の2015-16年度版を書店で発見。2300円というこのサイズの本にしては安いんだか高いんだか微妙なラインの値段にどうしよう。。と小遣い制の中で生きるか弱さを感じつつ、えーいと買ってしまいました。

結論、買ってよかったです。面白い。各馬の「特記データ」の項目ばっかり読み漁っています。馬券に活きるかどうかはしらないけど、小気味良い文章に引き込まれます。サラブレの金満血統王国ファンなら楽しめます。間違いなく。

続きを読む

昔とは傾向がガラリと変わったシルクロードステークスの攻略ポイントをまとめてみました

今週の日曜日の京都競馬場ではシルクロードステークスが行われます。
かつては1月下旬〜2月上旬というと、G1に向けて賞金を稼ぎたい馬が争うって感じだったけど、ここ最近はG1馬も始動が早まってますよね。AJCCのゴールドシップもそう。

シルクロードステークスもここ最近はのちにG1勝ちの馬やら好走馬やらが出てくるようになってきています。
海外遠征の叩き台で早めに始動するってのはあるんでしょうけど、国内に専念する馬も結構早い時期から動き出してます。新しい調整方法とかが模索されてるってことなんでしょうかね。

さてシルクロードステークスの攻略ですが、過去のレースから傾向をまとめてみました。
馬券の参考にどうぞ。

続きを読む

金満血統王国年鑑for2015のドル箱重賞に根岸ステークスがあったのでそこから狙い馬をピックアップしてみる

いやーゴールドシップは簡単に負けちゃいましたね。得意の中山で有馬記念もあれだけ走ってもコロッと負けるんですから面白いもんです。
んで、きっとまたポコッと大きなレースを勝っちゃうんでしょうねー。力落ちしてる感じは無いような気がするし、気分屋なんだろうと思います。

ところでゴールドシップは今年の秋は凱旋門賞行くんでしょうかね?
今回のAJCCでドスローになって惨敗したみたいにゴールドシップはスローの競馬が合わないと思うんで、ドスロー必至の凱旋門賞は厳しいんだろうなー。もうそうなると狙いは夏と冬のグランプリだけになっちゃいそう。うーん、それじゃ面白みが無いなー。天皇賞・春とかJCで馬場が荒れたらもしかしてもしかするかも。。

と、まあゴールドシップの話題はここまで。

今週の競馬に目を向けると、日曜日に東京で根岸ステークスが行われます。
この根岸ステークスの攻略法が1/21に記事にした「金満血統王国年鑑for2015」に当てるのが簡単な【ドル箱重賞】としてまとめられてます。

今回は「金満血統王国年鑑for2015」にまとめられている根岸ステークスの狙い方から該当する馬を探してみようと思います。

続きを読む

京都牝馬ステークスの攻略のポイントをまとめたら、今年は踊らにゃ損損馬券でいくことになりました

今週は京都牝馬ステークス、AJCC、東海ステークスと3つも重賞があるんですね。すっかりぐーたらなボクは木曜日になって3つも重賞があることを知りました。しかもAJCCにはゴールドシップが出るとか。適性を考慮してのローテでしょうねー。人気になるのは間違いなさそう。でも相手関係なくポロっと負けるのがゴルシだからなー。とボケーと考えてますが、馬券的に面白そうなのは京都牝馬ステークス。馬券的にっていうか、女の子限定のほうが単純にワクワクするじゃないですか。気持ちの問題で。

というわけで京都牝馬ステークスの過去の傾向と今年の対策をまとめました。

続きを読む

金満血統王国年鑑for2015は競馬ロマン派のバイブルである

競馬雑誌を派閥にすると競馬最強の法則派(現実主義派)とサラブレ派(ロマン派)と勝手にカテゴライズしています。

競馬最強の法則は馬券の的中率を高めるための予想法とかがメインでときどきゴシップ的なネタ。クローズドな競馬界には陰謀が渦巻いていると疑ってる系。
一方でサラブレは血統メインで能力解説が主。血統の奥深さに酔いしれて馬券の成績や記事の激しい誤植には気づかないやや現実逃避系というイメージ。
ちなみにボクはサラブレ派(ロマン派)です。

といっても去年からもう買わなくなっちゃったんですけどね。

サラブレで楽しみにしてたのは亀谷敬正氏の血統ビームコラムと金満血統王国の2つ。
この2つ両方とも単行本化されてるんですよね。だから、サラブレ買う意義がないなーと。

その金満血統王国が2014年の12月に発売されました。やっぱりコレ面白いよ。

続きを読む

独特の中山マイルで行われるフェアリーSで求められる傾向と2015年の注目馬

今週は土・日・月の3日間開催。月曜日は中山で3歳牝馬重賞のフェアリーステークスが行われます。
朝日杯フューチュリティステークスが阪神競馬場に変わって、中山マイルコースの存在感が薄くなりつつある中、ヘンテココース好きとしては貴重なレースです。ただ今年は難しそうですが…。

というか、例年もやたら難解なレースですが、ざっくりと傾向をまとめました。2015年フェアリーステークスの注目馬と合わせてどうぞ。

続きを読む