2014年のジャパンカップで中心になる馬を過去の傾向から考えてみる

ミッキーアイルがダメでもダノンシャークなら野田夫妻は潤う結果になりました。なんか、ダノンシャークが勝ったのはマイル路線の混沌具合を表してる気がするなー。なんとなーくイメージ的にG1善戦マンでG3大将って感じでしたから。2着も重賞未勝利馬だし実際混沌としてるんでしょうけど。

さて今週は古馬G1の中でも最高峰といえるジャパンカップ。ここでも重賞未勝利馬が…となるとサトノシュレン。シュレンと言えば北斗の拳でラオウに挑んだ南斗五車星の炎の戦士。一撃でやられましたけど、ラオウにもその気合は讃えられた男。ジャパンカップでその根性を見せるんでしょうか…。いや、ないな…。
というわけで、重賞未勝利馬の活躍はかなり厳しいと思われるジャパンカップ。過去のレース結果から勝ちに近い馬をあぶりだしてみます。どうぞおつきあい下さい。

続きを読む

マイルチャンピオンシップの過去の傾向から探る、有利になる脚質の馬とは

エリザベス女王杯はラキシスですか。ボクはデニムアンドルビーに期待してただけに、出ないと知って(日曜日の朝に気づきました…)エリザベス女王杯はケン。ヌーヴォレコルトは完璧に近い競馬だったように見えましたが、ねじ伏せましたね。牡馬とも互角に近い競馬してましたから改めて驚いたという感じはしませんでしたけど、ヌーヴォレコルト相手にあの競馬は強いなーと感じる内容でした。

メイショウマンボは気持ちが入ってない感じですかね。牝馬が一度こうなるとなかなか元に戻るのは難しいので、しばらくは様子見ですね。

さて今週はマイルチャンピオンシップが行われます。
ここまで秋のG1は全部重賞未勝利馬が勝ってます。マイルチャンピオンシップもその傾向は続くんでしょうか。結構重賞勝ちの多いメンバーだから難しそうですけど、重賞未勝利組も勢いはある馬が多いので楽しみなところ。
さてそんなマイルチャンピオンシップの過去のレース結果から傾向をまとめてみました。どうぞー。

続きを読む

2014年の福島記念を攻略するために知っておきたい傾向をまとめました



今週はエリザベス女王杯の裏でボク好みの重賞、福島記念が行われます。まあとにかくこういうTHE・ローカルな重賞は普段と違う見どころがあって楽しい。もちろん普段と傾向とかみるべきポイントが違うから当てるのも難しいんですけど。まあ普段から当たってないから気にしませんw

んで、福島記念でみるべきポイントってなんだろう、というのをまとめてみました。

続きを読む

エリザベス女王杯を攻略するために知っておくべきポイントをまとめたよ

アルゼンチン共和国杯は狙っていたクリールカイザーが2着。結果的に先頭に立つのが早かったのかなー?という感じですが手に汗握りながらレースを見られたので満足です。

さて、今週は牝馬の女王を決めるエリザベス女王杯が行われます。去年の女王メイショウマンボに春の女王ヴィルシーナ、3歳G1馬のヌーヴォレコルトとショウナンパンドラとなかなかメンバーが揃いました。牝馬は格より勢いなんて格言もあって、難しいですけど傾向を抑えておくと馬券も考えやすくなるかもしれません。参考になれば幸いです。

続きを読む

2014年のみやこステークスも面白みがないレース!その理由とは

アドマイヤラクティは残念なことになってしまいましたね。合掌。
異国の地でG1を勝って、その地の最高峰のレースで1番人気を背負った事実は改めて日本馬の強さを見せてくれたと思います。デルタブルースに続くメルボルンカップ制覇を今後も期待したいですね。

さて、今週はジャパンカップダートならぬ、チャンピオンズカップの前哨戦となるみやこステークスが行われます。
同じ時期にJBCがあるので、有力馬はそっちに行ってしまいがちで2番手グループの争いって感じになることも多いイメージのあるレース。今年は例年よりもダート路線が混戦だけに、ここに出てきた馬も結構侮れない可能性があると思ってみています。チャンピオンズカップにもつながってくるかもしれませんね。

そんなみやこステークスの傾向をまとめました。馬券の参考にどうぞ。

続きを読む

アルゼンチン共和国杯で馬券をとるためにしっておきたい血統とローテーションのポイントとは

天皇賞(秋)のスピルバーグ、びっくりしました。毎日王冠で最速の上がりを使っていた馬は天皇賞(秋)でも好成績ってのをどっかで見て、注目はしてたんですけど、今年の毎日王冠のレベルがハテナだったことからさすがにアタマでは買えませんでした。それにしても北村宏司ジョッキーのG1制覇は嬉しいですね。実力がありながら、なかなかG1級の馬に乗る機会がないイメージだったので、こういうところで結果を出してくれたのはなんとも喜ばしいです。

今年は田辺騎手や大野騎手、そして北村騎手とG1初制覇とか、最近G1に縁のなかった日本人騎手の活躍が目立つので地味騎手(失礼!)応援派としては嬉しい限りです。

さて、今週はG1は一休み。東京ではアルゼンチン共和国杯が行われます。
東京の2500mというなかなか味わい深い条件のレースです。さっそくアルゼンチン共和国杯の傾向を見て行きましょう。

続きを読む

2014年のスワンステークス攻略のために知っておくべきポイントと注目馬

今週の土曜日は京都競馬場でマイルCSに向けての前哨戦、スワンステークスが行われます。
スワンステークスのココ5年での1番人気の成績は2011年にリディルが勝った1勝のみ。芝の1400mという微妙な距離が荒れたレースを生むんですね。と、いうわけで個人的に好きなレース。ただ全く当たりませんけど。

それでも何もしないで外すのもアレなんで、過去のスワンステークスの傾向を見ながら2014年の対策も考えてみたいと思います。

続きを読む

2014年の天皇賞(秋)で知っておきたい攻略ポイントと個人的な注目馬

菊花賞はトーホウジャッカルでしたね。ワンアンドオンリーから行ってたボクはかすりもしませんでした。そして穴にハギノハイブリッドを狙ってたんですが、タニノギムレット産駒はブライアンズタイム系じゃないと改めて確認した次第です。

さて今週は秋の古馬G1初戦、天皇賞(秋)。
凱旋門賞に主力級が参戦したとはいえ、なかなかのメンバーです。ジェンティルドンナもいるし、フェノーメノもいるし、イスラボニータもいる。

難しいメンバーですねー!

さて、過去の天皇賞(秋)の傾向を見つつ、個人的な注目馬をピックアップしたいと思います。

続きを読む

2014年の菊花賞を攻略するために知っておきたい有利な脚質と血統

秋華賞はショウナンパンドラ。浜中騎手がうまく乗ったレースという印象でした。負けて強しはヌーヴォレコルト。エリザベス女王杯に行くなら中心と考えていいと思います。まあ、今年は古馬もけっこう骨っぽい感じはしますけどね。

さて、今週は牡馬三冠最終戦の菊花賞。皐月賞馬イスラボニータは予想通り天皇賞(秋)に回って、G1馬はダービー馬のワンアンドオンリーだけになりました。菊花賞が微妙なメンバーになるのはもう毎年のこと。むしろそうなることで結構ヒモ荒れも期待できるんで馬券的にはなかなかおもしろいでしょう。

そんな菊花賞の傾向を過去のレースからまとめてみましたのでどうぞ。

続きを読む

2014年府中牝馬ステークス攻略のために知っておきたいポイント

JRA-VANのiPhoneアプリが使えない!ってTwitterでつぶやいたら、新しいアプリが出てるのを教えてもらいました。
使ってみて使用感とかまとめたいと思ってます。

さて、今週土曜日は東京競馬場で府中牝馬ステークス。エリザベス女王杯のステップですね。春に活躍したスマートレイアーやキャトルフィーユ、実力馬ホエールキャプチャといったメンバーが登録していてなかなか難しく見どころもありそうなレースです。

そんな府中牝馬ステークスの傾向を過去のレース結果を見ながらまとめましたのでどうぞ。

続きを読む