【馬場情報】中山・中京の馬場状態を5分でおさらい

中山競馬場と中京競馬場の馬場

先週から始まった中山・阪神・中京開催。中山では土曜にステイヤーズS、日曜にはターコイズSが行われました。
今週は土日ともメインはダート戦ですが、朝日杯フューチュリティステークス、有馬記念と続くGIのためにも芝コースの状態を確認しておきましょう。

日曜に尾張ステークスが行われる中京競馬場の馬場も合わせて振り返っていきます。


内を突くことが勝利につながる中山競馬場


今週の中山競馬場の重賞はカペラS→展望「【カペラS展望】先行が有利な反面、差しも決まる中山コース

日曜は10Rで準オープンの市川ステークス、11Rで牝馬限定のオープン特別ターコイズSが行われました。
両レースとも勝ったのは直線内を縫って伸びた馬。

開幕週だけあって内が止まらない状態であることは間違い無さそうです。

しかし、2、3着に目を向けると外から差して来た馬が入っているんですよね。
市川ステークスは流れが速かったことで展開が向いた面もあるでしょうが、ターコイズSは例年と比べてもさほど目立った時計ではないですから、意外にその辺りは狙ってみるのも面白いかもしれません。実際ターコイズSで2着したオメガハートランドは16番人気でしたからね。

時計はそこそこ速めの時計が出ています。

開幕週ながら内外互角な中京競馬場


先週は金鯱賞が行われた中京競馬場。
3月の新装オープンから3開催目となりますが、面白い馬場ですね。

こけら落としの開催は超時計のかかる馬場、夏は一転して軽い馬場、そして今回は開幕週を見る限りやや重めで時計もかかり気味の馬場。
1年の間で変化に富んだ表情を見せてくれています。

また、今開催では開幕週にも関わらず差し馬が好走しているのが特徴的。
金鯱賞では内でジッと脚を溜めたダイワマッジョーレのような例もありますが、他のレースでは外を通った馬も結構好走しています。

まだハッキリとした傾向が掴めていない中京競馬場ですが、先週の結果を見る限りは欧州的なスタミナがある馬を狙うのは結構使えそうなのかな?という感触はあります。今週はオープンの尾張ステークスがあるので、その点に注意してみてみたいですね。

阪神ジュベナイルフィリーズ、朝日チャレンジカップ、カペラSの注目馬をご覧になりたい方はこちら→人気ブログランキングへ

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



【馬場情報】中山・中京の馬場状態を5分でおさらい” への2件のコメント

  1. ピンバック: 【血統フェスティバル】blog

  2. ピンバック: 激走!データ競馬ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。