冬枯れが目立つ中山の馬場での狙い方

The world through the eye of Dance Fantasia
今週末のフェアリーステークス、京成杯に向けて、中山競馬場の馬場を先週のレースから振り返ってみましょう。

内外イーブンな馬場状態か


中山金杯 タッチミーノット


馬場を見ると冬枯れが激しく青々とした馬場とはほど遠い状態。
それでも時計はまずまず出ていますし、JRAの発表でも良好な状態となっていましたから、見た目ほど荒れている訳ではないでしょう。

そんな中山の馬場は土曜日は先行馬が、日曜日は一転して差し馬が目立っていました。

差し馬が目立っていたと言っても道中はインベタを周り、直線で外に出す競馬をしていましたから、基本は内が良いのは変わらないでしょう。

枠番で見るとやや内目の枠の方が有利。フェアリーステークスも京成杯も基本は内目の枠に入った馬を中心視していきたいですね。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントは受け付けていません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。