明らかな傾向が出ている京都競馬場の馬場

トゥザグローリー 返し馬
今週末日経新春杯が行われる京都競馬場。
先週のレースから現在の馬場状態を振り返っておきましょう。


内が圧倒的に有利


シンザン記念 エーシントップ


先週は京都金杯とシンザン記念のマイル重賞が2つ行われた京都競馬場。
京都金杯は内でじっと脚を溜めたダノンシャークが勝ち、シンザン記念は先行して内をとったエーシントップが逃げ切り勝ち。2着も内からヘミングウェイが突っ込んで来ました。

他のレースを見ても内を通った馬が上位に連対している状況で、中山以上に内有利の状況となっています。

短距離なら内枠先行馬が狙い目になるでしょうね。

日経新春杯は距離が長いのでそれほど明確な差が出ないかもしれませんが、追い込み一辺倒の馬が連対できる馬場ではなさそう。
後方からレースを進める馬は少々狙いにくいところがあるでしょうね。

日経新春杯の展望はこちら→【G2らしくないG2】日経新春杯で重要な2つの適性とは

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



明らかな傾向が出ている京都競馬場の馬場” への1件のコメント

  1. ピンバック: 激走!データ競馬ブログ

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。