開幕週の思い込みに注意したい東京の馬場

5 枠 9 番 ペルーサ
By nipotan
今週から1回東京開催が始まりますね。

開催が替わっていつも頭を痛めるのが馬場の状態。今日は昨年の1回東京開幕週のレースを振り返ってどういう状態の馬場だったかをおさらいしたいと思います。


勝ち馬は内枠・先行馬が多いものの、2・3着は差し馬も届く


開幕週というと、内枠先行馬というイメージをどうしても持ってしまいがち。

でも、去年の1回東京では半分当たりで半分外れ。
というのも、勝ち馬には内枠や先行馬が多いのですが、2着3着は意外と差し馬が連対しているんです。

1回東京2日目 節分ステークス(芝1600m/1600万下)ドリームカトラス
YouTube Preview Image
このレースは先行したドリームカトラスが早め抜け出しで1着。
2着に道中不利があってポジションを下げるも、大外から伸びたシルクアーネスト。3着も後方から伸びたムクドク。

先行馬1着、差し馬2、3着の典型的なレースでした。

ここで連対したシルクアーネストは前走が1回京都の寿ステークス。1回京都は内が有利なグリーンベルトになってますから、シルクアーネストの脚質には厳しい馬場でした。

こうした内有利馬場での差し損ね馬を狙うのが1回東京では有効になりそう。

1回東京の開幕週はマイル→1800→2000と距離が伸びれば伸びるほど差し馬の比率も高くなるような印象があります。1回京都で差し損ねた馬を狙うならマイル以上の距離で積極的に狙いたいと思っています。

血統面を見ると、1回東京開幕週ではディープインパクト産駒が1勝もしていないのに対して、デュランダル産駒が2勝。心持ち時計がかかる馬場だったような印象がありますから、少しパワーが求められたのかもしれませんね。

そういえば、去年の1回東京開幕週といえば、白富士ステークスがネタレースになったので、動画貼っておきますね。

1回東京1日目 白富士ステークス(芝2000m/OP) ペルーサ2着
YouTube Preview Image

根岸ステークスの展望はこちら→根岸ステークスで見られるサンドイッチ現象
シルクロードステークスの展望はこちら→シルクロードステークスの激走馬を見極める2つのポイント

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



開幕週の思い込みに注意したい東京の馬場” への1件のコメント

  1. ピンバック: 激走!データ競馬ブログ

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。