中京競馬場は日高産馬がアツい

SAPPORO racetrack.
By MIKI Yoshihito (´・ω・)
先週から始まった冬の中京開催。東海ステークス以外は傾向がわからなかったので手出しをしなかったのですが、荒れてますねー。

芝コースに関してはそれなりに傾向が出ていたと思います。
今週は土日ともに重賞レースはありませんが、まだ荒れる可能性もあるように思いますので、1週終えての傾向をまとめてみます。


日高産馬が活躍する中京競馬場




どうでしょうこの日高感。父馬もオペラハウスからスタチューオブリバティ、キングヘイロー、ムーンバラッド。。
さらに母父までいくと、ミルジョージにマルゼンスキー、カコイーシーズとスーパーファミコンのダビスタファンには懐かしい名前がズラリ。

こんな牝系社台にはいないので日高産馬の頑張りに胸が熱くなりました。

さて、どうしてこんなに日高産馬が活躍したのでしょう?
その原因はおそらく中京競馬場のコース設定と馬場

中京競馬場は以前までの平坦高速コースから、タフなパワー型コースに様相を変えました。特に冬の時期は馬場も一層重くなりパワー重視になっています。
直線も長くなりましたが、軽い斬れが武器の馬ではスタミナ不足になることが多く自慢の瞬発力が削がれてしまうようです。

一方、牝系が古い日高産馬はこうしたスタミナやパワー勝負はお手の物。
それが先週の日高産馬大活躍につながったのでしょう。

当然、内が優位。でも差しも決まる


脚質と馬場に注目してみると、やはり開幕週。内が優位な傾向にありそうです。

ただ、イメージに反して差しも意外に届いています。

差しが届くといっても大外をブンまわして届く訳じゃなく、道中内目で脚をためながら上手くさばく、または内を突くかした場合。
そんな馬を狙うのは容易じゃないんですが、内目の枠に入った差し馬なら比較的スムーズにそうしたポジションをとれるので、意識して狙うとオイシイかもしれません。

内目に入れると進路を失うんじゃないかと考えがちですが、中京の直線は横一杯に広がるケースが多いので意外と詰まることが少ないように思います。
1回京都のようなグリーンベルトはないですからね。

メインレース展望
根岸ステークスの展望はこちら→根岸ステークスで見られるサンドイッチ現象
シルクロードステークスの展望はこちら→シルクロードステークスの激走馬を見極める2つのポイント

各競馬場の馬場状態
東京→開幕週の思い込みに注意したい東京の馬場
京都→コース替わりの京都で狙い目なコースと脚質

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントは受け付けていません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。