外差しに寄り始めた中京競馬場で狙える血統

ゲートBy nipotan

先週に続いて重賞競走がない中京競馬場ですが、先週は結構荒れていたんですよね。
特に芝コースは馬場に偏りが出始めて、中央場所とは違う適性が重要になって来ています。

穴ゲットのためにも、先週の馬場状態をおさらいします。


外差し傾向が強くなってきた中京競馬場の芝コース


庄内川特別 エクスクライム
YouTube Preview Image

時計が速くなったり遅くなったりが激しい新しい中京競馬場ですが、冬開催はやはり時計がかかり気味になるようです。
土曜の最終レース、庄内川特別(500万下・1400m)も日曜の最終レース、知立特別(1000万下・1600m)も夏に比べると+2秒くらい時計がかかっています。
寒い時期は洋芝の色が強くなるんでしょうかね。

芝の状態は1週目2週目と内の良いグリーンベルトはほとんどなく、内外フラットな状態。今週で3週目になりますが、外差しの傾向が強くなりそうです。

ただ、マイル以上のレースによってはこのような馬場状態を意識してスローに落とす動きも見られます。当然スローになれば先行馬にとっては楽になりますので、単純に外差しだけを警戒していては足元をすくわれる可能性もありそう。先行馬が少ないレースや明らかにハナを主張する馬がいるときはドスローの前残り展開もあるかも…?

血統面を見ていくと、先週も書いたのですがマイナーなサンデー系(スズカフェニックスとかスズカマンボとかマーベラスサンデーとか…)やグレイソヴリン系(アドマイヤコジーンとか)が目立ちます。

この辺りの父は日高産の馬が多いです。日高産馬はどちらかというとスタミナ寄りで斬れは劣る馬が多いのですが、こうした特徴と今の中京の芝コース適性が合っているんでしょう。この傾向は今週もまだ続くと見ています。

上がり3ハロンに時計を要する中京ダートコース


終日良馬場で行われたダートコースはやや重めな印象で時計もかかり気味。

ダート戦なので中心となるのは当然先行馬ですが、直線の急坂を越えた後も直線が残る中京のコースレイアウトは最後の1ハロンでガクッとラップが落ちます。
差し馬はエンジンさえかかれば最後の1ハロンでかなり差を詰められるので、時として鮮やかな差しが決まります。
日曜メインの三河ステークスもそんなレースでした。

ある程度先行争いが激しくなりやすい短距離のレースではそうしたケースもまま見られるのではないかと思っています。

逆に中距離戦は道中で一旦ペースが落ちることが多いため差しはかなり不利。前残り決着が多いことを覚えておきましょう。

今週の中京は土日ともに特別戦は芝のレースだけなんですね。
平場のレースならより馬場の影響は強く出やすいので楽しみです。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントは受け付けていません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。