今週の小倉競馬場はグリーンベルトが出現する予感がするよ!

競馬場090502_18By Yu-Yee

今週から小倉開催。てっきり中京は8日間の開催だと思い込んでいて、ちょっとビックリしました。番組についていけてませんね…。
しかも小倉は昨年の夏開催以来なんですね。そういえば冬も無かったもんなあ。

そんなわけで、昨年の1回小倉の傾向を交えて今週の小倉で狙いをつける脚質や枠を洗い出してみたいと思います。


冬場でもそれなりに速い時計が出ていた昨年の小倉開催



2012年の1回小倉は1月14日からスタートしました。しかし、2011年の最後の小倉開催が12月25日までだったので、実質3週程度を空けただけ。
そのため、開幕週の内有利な馬場状態にはならず内外フラットか外差し寄りの馬場となりました。

時計面ではそこそこ速い時計が出ていて冬場のレースらしくない印象が強い馬場でした。

ダート
開幕週は終日良馬場で、ダートは乾燥状態。時計がかかる馬場でパワーとスタミナが必要な馬場でした。
脚質面ではダート戦だけに先行馬が優勢。このあたりはセオリー通りですね。

今回はグリーンベルト出現の予感


ここまで昨年の傾向を書いてきましたが、今年は前回の小倉開催が去年の夏ということで、芝の状態がかなり良いことが予想されます。

間隔が空いたことで、昨年は無かったグリーンベルト(インコース沿いの状態の良い馬場の帯)が出現する可能性が高いと見ています。

グリーンベルトが出現すると、明らかな内有利の馬場になります。
特に1200mではスタートを決めた先行馬や内枠の馬が大きなアドバンテージを得られます。

差し馬場になった2回京都で差されたり、1回中京のタフな馬場でスピードをいかせなかった先行馬はここで巻き返せる可能性があると思います。
1200mの特別戦は土日で3鞍ありますから、少し手を出してみたいと思っています。

東京と京都の馬場についてはこちらをご覧ください
今週の東京・京都での馬場から見た狙いどころまとめ

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントは受け付けていません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。