去年の馬場から開幕週の中山・阪神の馬場を予想する+先週の小倉の馬場傾向

FH010022By wonderwonderword
今週から中山・阪神・小倉の3場開催。開幕週となると、基本は内枠先行有利になるのが常ですが、それでも予想のときは迷いますよね。

と、いうわけで中山・阪神は去年の馬場状態を、小倉は先週までのレースから見た馬場状態をおさらいしておきましょう。

開幕週から差しが決まっていた中山競馬場


2012年中山記念 フェデラリストYouTube Preview Image

去年の2回中山開幕週は主に不良馬場で行われました。
土曜日は雨の中の競馬で馬が殺到する内が伸びず、上がりがかかるので外の差し馬が優勢に。雨の止んだ日曜日は内から馬場が乾いてきたのか一転して内が伸びるようになっていました。
雨がなければ土曜も内が伸びていたでしょうね。

ダートも同じく不良馬場。水分を含んでいたので時計が早く、前に行っていないと厳しい状況でした。

阪神競馬場も土日で傾向が一変


2012年阪急杯 マジンプロスパーYouTube Preview Image

良馬場ながら雨のぱらつく天気で開幕した去年の阪神競馬場。
土曜日は少し時計がかかり気味も内枠先行馬が馬場のいいところを通れるメリットをいかして好走。日曜日は雨の影響が出たせいか、上がりがかかり差し馬の好走が目立つようになりました。

ダートは重→稍重。中山同様水分を含んだ馬場で脚抜きが良くなったためか前がなかなか止まらずとなりました。

内外フラットな馬場になりつつある小倉競馬場


※小倉は去年の傾向ではなく、先週のデータです※
開幕して2週を消化した小倉競馬場。久しぶりの開催となってグリーンベルトができるかと思いましたが、意外と内外フラットな馬場になったという印象。
特にテンが速くなる1200m戦での外差しが目立ち、土曜最終レース合馬特別で10番人気アドマイヤクーガーが大外を回して2着に入るなど穴馬の活躍もありました。

ペースが落ち着きやすい平場の2000mではロス無く進む内枠が有利にはなりますが、展開次第では差し馬も十分に馬券争いができる馬場でしょう。

ダート戦は水分を含んだ馬場を意識して先行争いが激しくなったためか、差し馬が目立っていました。

予報の段階ですが、中山・阪神・小倉ともに晴れなので、上記を参考に馬券を組み立ててもらえれば幸いです。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



去年の馬場から開幕週の中山・阪神の馬場を予想する+先週の小倉の馬場傾向” への2件のコメント

  1. ピンバック: 激走!データ競馬ブログ

  2. ピンバック: 高確!データ競馬

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。