高松宮記念にも役立つ【中京・中山・阪神】各競馬場の馬場傾向まとめ

阪神競馬場By Mutsuki ren

先週に引き続き、今週も4つの重賞が行われます。(高松宮記念日経賞マーチステークス毎日杯

2013年最初の芝G1ということで注目が集まっていますね。
高松宮記念が行われる中京の芝状況を含めて、中山・阪神・中京の馬場状態をおさらいしておきましょう。

外差しが決まる中山競馬場

先週はスプリングステークスが行われた中山競馬場ですが、スプリングステークスを見返してみると、1着ロゴタイプ・2着タマモベストプレイ・3着マイネルホウオウ全て3〜4コーナーにかけては外目を回す形をとりました。

JRAのサイトの馬場情報にもある通り、中山競馬場は3〜4コーナーの内側がかなり痛んでおりそこを通る馬はほぼノーチャンスの状態が続いています。
2回中山が終わり、今週から3回中山となりますが、今週まではAコースが継続されるので、逃げ・先行馬は不利な状況といえるでしょう。

内有利が続く阪神競馬場

日曜は丹波特別(1200m/1000万下)、但馬ステークス(2000m/1600万下)、阪神大賞典(3000m/G2)が行われた阪神競馬場。
この3レースのうち、2レース(丹波特別と但馬ステークス)で逃げ馬が勝ちました。平場では5Rの未勝利戦(2000m)でも逃げ切り勝ち。日曜に行われた芝5鞍のうち3鞍で逃げ馬が勝利したわけです。

この3鞍は全て内回りコース。JRAのサイトによれば、直線の内が痛んできたようですが、内回りではそれほど影響が無いように見えます。
外回りになればこれほど逃げ馬が活躍する展開にはならないでしょうが、未だ内が良い状態が続いていることはおさえておきましょう。

差しが決まる中京競馬場

開催4日が終了した中京競馬場。開催が始まってから日が浅いためそれほど目立った痛みは見られませんが、差しが決まります
日曜日のフローラルウォーク賞(1600m・3歳500万下)は内からの差しで、中京スポーツ杯(1600m・1000万下)、金山特別(2000m・500万下)は外からの差し。

この結果を見ると直線の通る位置取りはそれほど有利不利は無さそうですね。ペース次第というところでしょうか。
JRAのサイトでは3〜4コーナーの内側が痛み始めているということですから、高松宮記念は内枠は割引して考えたいですね。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



高松宮記念にも役立つ【中京・中山・阪神】各競馬場の馬場傾向まとめ” への1件のコメント

  1. ピンバック: 激走!データ競馬ブログ

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。