先週のレースから読み取る桜花賞で狙える脚質

IMG_1724By DrJHasCamera

今週はいよいよクラシックが開幕しますね。かつてないほどの混戦ムードで、予想も迷いに迷っている方が多いんじゃないでしょうか。

今年の桜花賞は実力伯仲でちょっとの差が結果を左右しそう。そんな訳で桜花賞の行われる阪神競馬場と中山競馬場の馬場状態を先週のレースから振り返っておきたいと思います。

内の痛みが目立つ中山競馬場

ダービー卿CTは勝ち馬が大きく内を空けて走っていた
先週からコース替わりでBコースになった中山競馬場。ですが、ダービー卿チャレンジトロフィーでは勝ったトウケイヘイローが2番手追走ながらも経済コースを選ばず、3〜4コーナーの悪くなった内を避けて走っていました。

パトロールビデオを見ると直線の内も蹄跡がついていて痛みが進んでいるようです。
個人的にはBコースに変わってもう少し内外の差がなくなるかと思っていたんですが、想像以上に痛んでいるようでAコース同様外差し中心と考えていい馬場でしょう。

時計面ではダービー卿チャレンジトロフィーが過去5年の中でも最も速いタイムが出たように、そこそこ速い時計が出ています。痛んでいるところ以外は軽めの馬場ということなんでしょう。

内外フラットな馬場に感じるが外差しが決まっている阪神競馬場

中山同様に先週からBコースに替わった阪神競馬場。
中山よりも痛んだ箇所がそれほど目立たず、直線も内をぴったり回ってくるように全体がカバーされて良い状態に見えます。
しかし、先週の競馬では差しがよく決まっていました

日曜は特別戦3鞍ともに差し馬が勝利。ただ、上位人気が差し馬でそれに応えた形であるだけに、展開一つで内を通る逃げ・先行馬が浮上する余地は十分にあるのではないでしょうか。

桜花賞は差し馬が強いレースですが、今年は突出馬がいないため、この馬場が続けば先行馬を絡めても面白いかもしれませんね。

桜花賞の展望(今年の桜花賞は過去の傾向を重視?それとも実力重視?

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



先週のレースから読み取る桜花賞で狙える脚質” への1件のコメント

  1. ピンバック: 激走!データ競馬ブログ

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。