東京と京都の馬場は開幕間もないのを意識してはいけない

HorseBy Moyan_Brenn

先週はフローラステークスが行われた東京、マイラーズカップが行われた京都は開幕週。
また、珍しい春の雪で開催中止となった福島は土曜日に福島牝馬ステークスが行われました。

これらのレースから各場の今週の馬場状態を占っていきたいと思います。まずは東京から。

開幕週から差しが決まった東京競馬場

2回東京はAコースを使用して開幕。開幕週は天候に恵まれず、土曜メインが小雨で良馬場、日曜メインが曇りの稍重馬場と道悪気味での開幕となりました。

開幕週ということで内有利になるかと思いがちですが、春の東京開催は開幕からなぜか差しも決まる馬場になることが多く、去年の開幕週も先行有利と思い込んで大外ししました。
そんなわけで今年は差しも決まるというのをいかせればよかったんですが、また去年と同じ轍を踏んでしまいました…。進歩してませんね。

東京でG1が始まる頃になるとコロッと内有利に変わり出すので、それまでは差しも決まる馬場と見ておいて良いんじゃないでしょうか。

予想外の差し馬場だった京都競馬場

3回京都は内を7m空けたCコースで開幕。
昨年のマイラーズカップはシルポートが逃げ切り勝ち。2着も内をついたダノンシャークが来ていたので流石に開幕週は内がイイネ!と思って今年も内有利を予想していたんですが、フタを開けてみると予想外の差しが決まる馬場

どうしてかと思い、去年のマイラーズカップ以外の特別戦を見てみたら、結構差しが決まってました…。

内が不利で外が有利とハッキリ出ているほどでもないと思いますが、差しも決まるのは頭に置いておきたいところです。

だんだんと外差しにシフトしてきた福島競馬場

3週目でBコース替わりだった福島競馬場。日曜が雪で中止になったので土曜のレースから。

福島牝馬ステークスは内目から脚をためて伸びたオールザットジャズがマイネイサベルをしのぎきりましたが、全体的にはだんだんと外差しにシフトしているようなイメージです。
日曜にレースが行われていればもうちょっと外差しになってきているのがわかったかもしれませんね。

今週は土・日・月と行われるので、しっかり傾向を見ながら買えそうですね。

東京競馬場
・内外フラット
・開幕間もないのはあまり意識しなくていい
・差しの決まる馬場
京都競馬場
・東京競馬場と同じ認識
福島競馬場
・外差し馬場にシフトしてきている

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントは受け付けていません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。