馬場から見るエプソムカップとマーメイドステークスで注目の脚質

阪神競馬場by Mutsuki ren

安田記念も終わると、夏競馬ムードが高まってきますね。
今年は札幌がスタンドの改修で開催がないので、ビールを飲みながら生競馬を堪能することができずとても残念ですが、ローカルはローカルの味わいがあって非常に楽しみにしています。
早く函館始まらないかな!

函館開催まであと1週。今週はエプソムカップとマーメイドステークスが行われます。

開催が進んだ東京競馬場ですが、馬場状態は見た目に内側もそれほど悪くなっているようには見えません。

差しが決まり始めた東京競馬場の馬場傾向

先週の日曜日は安田記念、ホンコンJCT(2000m・500万下)、由比ケ浜特別(1400m・1000万下)と芝の特別戦は3レース行われました。
このうち安田記念とホンコンJCTは差し馬が勝ち、由比ケ浜特別は逃げ・先行馬でワンツー。

2回から7週を終えたわけですが、この時期にしては雨に降られることも少なくコース替わりで上手く芝を保護しながら開催が進んでいることもあって内を避けて通ることはなく、直線は横一杯に広がる傾向が見られます。
見た目にも内が悪いようには映りませんが、横一杯に広がるコース取りを見ていると『内は悪くはないが良くもない』という感じなんじゃないかと思う。

特に重賞のように流れが速くなることも多いクラスになれば先行馬は『経済コースを走れる』ことだけしかメリットを享受できなくなるので、やや不利と言えそう。
まとめると基本的には内外フラットな馬場だけど、上級クラスのレースではやや差し有利にシフトしているという感じでしょう。

エプソムカップでは前に行く馬よりも差し馬が中心になりそうですね。

開幕週らしい馬場だった阪神競馬場

東京が開催後半なのに対し、阪神競馬場は先週から開幕。
土曜に行われた鳴尾記念は逃げたトウケイヘイローが前走から600mの距離延長を克服しての勝利。
個人的には前に行けそうなモズの方に期待していたんですが、地力の差でしょうかね。

そんなわけで阪神競馬場は開幕週らしく内が良い状態で先行馬が圧倒的に有利
と、いうか差し馬はよほどうまく内を突くか、猛烈に斬れるかしなければほとんどノーチャンスのような馬場でした。内回りだと特に馬群がばらけにくいのでその傾向が顕著に出ていたように思います。

先週の状況からしてもマーメイドステークスでは前に行く馬に注目したいですね。

エプソムカップの展望
馬柱を見れば5秒で本命がわかるエプソムカップ

マーメイドステークスの展望
マーメイドステークスはG1馬マルセリーナ復活の舞台になりえるかを考える

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



馬場から見るエプソムカップとマーメイドステークスで注目の脚質” への2件のコメント

  1. ピンバック: 激走!データ競馬ブログ

  2. ピンバック: 高確!データ競馬

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。