宝塚記念で注目に値するのはローゼンケーニッヒ…?

東京競馬場内馬場からメインスタンドを眺める
by Hitoshi Taguchi

今週末の宝塚記念、オルフェーヴルの回避は残念ですが、一競馬ファンとしてすごく楽しみ。
最近はG1でも心躍るウキウキ感を感じることなんて全くなくて淡々と馬券を買って、淡々と外すことに終始していたんです。
でもJRAの煽りが効いているのか、もう早く見たい!という気持ち。

理由は自分でもよくわからないんですがね。
馬券はともかくとしてレースを楽しみたいと思います。

さて、宝塚記念へ向けて先週の阪神のレースを見ながら、馬場状態がどうなっているか振り返ってみたいと思います。


阪神競馬場は外差しも届く馬場に


阪神競馬場は全体的に差し・追い込み馬の好走比率が高まってきた
参考画像:無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】

日曜の阪神は芝のレースが5鞍行われました。メインは米子ステークス。
米子ステークスは1番人気のエーシンミズーリが完勝。2着には昨年も米子ステークスで穴を開けたサワノパンサーが入りました。

先週からBコースに替わった阪神競馬場ですが、それほど内が有利という傾向は出ていないようで、外差し馬場へシフトしている印象。外回りコースでは顕著ですね。

宝塚記念も内回りコースなので、外回りと同じ傾向と見ていいかどうかですね。個人的には内回りでもある程度差しは届くと思います。当然外回りよりは直線も短くなるのでそれは考慮しなければいけませんが。

ダート寄りのパワー型が目立つ


阪神競馬場ではダート寄りの適性を持つ種牡馬の産駒が好走中
参考画像:無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】

土日を通して阪神競馬場で目立ったのはダート寄りの適性が高い種牡馬の産駒の好走。
土曜日はアドマイヤドンストーミングホームアルデバラン2など、日曜日はシンボリクリスエスフレンチデピュティタイキシャトルなどの産駒が連対しています。

雨の影響でやや水分を含んだ馬場になったことも関係しているのかもしれませんが、阪神競馬場にありがちなパワー寄りの馬場になっていると見るのがベターでしょう。

宝塚記念で3強の割って入るとしたら、こうした血統に目を向けてみるのも面白いかもしれませんね。
そうなると、筆頭はローゼンケーニッヒw決め手ありそうですしw

宝塚記念の展望はこちらです→宝塚記念でゴールドシップが最も不利になる展開を考えてみる

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントは受け付けていません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。