【予想】AJCCで重視したい2つの要素

トゥザグローリー 返し馬
京都牝馬ステークスはベストクルーズ(10番人気3着)を穴馬指定しつつ安定の不的中。これで今年7戦して全敗。
回収率プラスはまだまだ先の話になりそうです…。

さて、気を取り直してアメリカジョッキークラブカップ(AJCC)の予想をしていきたいと思います。


上位人気陣にはそれほど死角がないように見える


先週から中山競馬場は内外の有利不利が少ない馬場状態になっています。脚質面でも展開次第で逃げ差し互角。
走っているのは粘り・持続力タイプで東京や京都で斬れを発揮して好走したタイプは割引して良さそう。

アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)は中山の2200mという非根幹距離で行われるレースで、コース的考えても斬れの要素はそれほど重要ではないでしょう。狙いはコース適性があることと、粘り合いに強いかどうか。

アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)の予想
人気ブログランキングへ
○ゲシュタルト
▲ルルーシュ

本命はこちら→人気ブログランキングをクリック
堅実な末脚を使う馬ですが、これまで33秒台の上がりはなく全て34秒以上。2、3着の取りこぼしも多い馬で斬れるタイプというよりは長く脚が使えるタイプではないかと思います。

そういうタイプは瞬発力勝負よりも持続力勝負の方が合うと見ての本命。中山コースも勝ってますしね。

相手には休み明けのゲシュタルト。こちらも中山コース巧者。馬場が悪くなった方がチャンスがあるとは思うのですが、パワーを要する今の馬場の感じからすると上位争いをしても不思議は無いかなと思います。

3番手はルルーシュ。札幌で勝っているように小回り適性自体はあるんじゃないかと思うのですが、中山での連対が無いのは気になるところ。
先行出来ますし、決め手もあるので死角が無いようにも見えますが、コース適性という死角があったので割引。

サトノアポロ、ネコパンチは少し過剰人気気味な気がしますし、上位人気中心なので点数は控えめにしました。

東海ステークスの予想はこちらです→【東海S予想】これは人気の盲点じゃないか?

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



【予想】AJCCで重視したい2つの要素” への1件のコメント

  1. ピンバック: 激走!データ競馬ブログ

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。