【予想】桜花賞で最も上積みがある差し馬

オークス勝ち馬 ジェンティルドンナ(川田将雅)3By arima0208
土曜日はケンした阪神牝馬ステークスが展望で挙げたサウンドオブハートが勝ち、馬券を勝ったニュージーランドトロフィーは本命のマイネルホウオウが惨敗。
まあ、往々にして競馬なんてものはこんなものですね。

しかし、中山の馬場は不思議ですね。内が復活してました。
先週は土曜日が内で日曜が外という馬場だったので、どうなるんでしょうか。

と、中山は置いといて桜花賞の予想です。
阪神は思ったよりも馬場は悪くなりませんでしたが、外回りは内をかなり空けて通っていましたね。
日曜の天気がどうなるかも重要になりそうですが、外差し中心と考えて良さそうですね。

外を回されるリスクを背負うが、この2頭が中心

展望段階では、チューリップ賞を圧勝したクロフネサプライズに魅力を感じていましたが、まさか一番人気になるとは…。
せいぜい2〜3番人気だろうと高をくくってたんですが、裏切られました。

雨の影響もあり、先行馬にとっては苦しい馬場になりそうなだけに人気じゃなかったとしても評価は少し落とさざるをえないとは思っていましたので結果オーライでしょうか。

馬場の悪化で経済コースが通れないとなるとやはり魅力に感じるのは差し馬。
その中でも注目なのはレッドオーヴァルコレクターアイテム

どちらも大外を回ることになりそうなので、その点は心配ですが決め手は十分。
どちらを選択するかですが、ここで考慮したいのが調整過程。

レッドオーヴァルは昨年11月のデビュー時が442キロ。前走のチューリップ賞は426キロ。桜花賞前の調教後馬体重は432キロでそれほど増えていません。
コレクターアイテムはデビュー時が484キロで前走クイーンカップが468キロ。調教後馬体重でも474キロと両馬ともにデビュー時から大きく馬体重を減らしています。

しかしレッドオーヴァルはデビューから月1回ペースで出走しているのに対して、コレクターアイテムは阪神JF後に休みを入れてクイーンカップ。そして余裕を持ったローテで桜花賞と臨んでいるだけに、コレクターアイテムの方が上積みがありそう。

父ハーツクライというのも格の高いレースで力を発揮するイメージがありますし、人気が落ちた今回はジョッキーも気が楽な部分もあるでしょう。
と、いうわけで桜花賞の予想はこんな感じ。

桜花賞の予想
◎コレクターアイテム
○レッドオーヴァル
▲クロフネサプライズ
△アユサン、ローブティサージュ

本命はコレクターアイテム。
上記の通り、差し馬の中で最も上積みがありそうなのがこの馬でしょう。

対抗のレッドオーヴァルは道悪実績があるのが魅力。

前哨戦圧勝で厳しい流れにも強そうなクロフネサプライズも有力。

穴っぽいところなら、内が空きそうなので前目から脚を伸ばせば面白いアユサンに一か八かで内を突けそうな枠に入ったローブティサージュ。

トーセンソレイユは期待感はあるんですが、やはりキャリアの浅さが気になるので今回は見送ります。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントは受け付けていません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。