【予想】ゴールドシップを買っても高配当を狙いに行くために必要な穴馬は

HorseBy Ivan McClellan

青葉賞は本命ヒラボクディープが買ってくれて、単勝24.6倍をゲット。
レース前からなんでこんなに人気無いんだろう?と思っていましたが、うまくはまってくれるときはこんなもんなんですね。

万年スランプの馬券生活に吹いた追い風をうまく使いたいところです。

さて、今日は天皇賞(春)。前売りの段階ではゴールドシップとフェノーメノが圧倒的に抜けた人気になっていますね。
昨年のオルフェーヴルの例があるだけに、人気といえど油断はできないんですが、今年はどうでしょうか。
天皇賞(春)を勝つために必要な資質をおさらいしながら予想してきたいと思います。

まず天皇賞(春)で勝つためのポイントとして1番にあげられるのが、最終コーナーでのポジション。

先頭集団に取り付いていないと厳しい

天皇賞(春)で勝つためには、4コーナーの入り口で前から最低でも6〜7番手につけていないと厳しいです。

ゴールドシップの場合スタートが悪いので、後方からのレースになることがほとんどですが、圧倒的なスタミナからのまくりが自分の形。
阪神大賞典でも菊花賞でも3コーナーを回る時点で先団に取り付く形でレースをしています
その点から考えても、天皇賞(春)も全く問題ないと思います。

フェノーメノに関しては、自身が先行してなお速い上がりを使えるタイプに進化しています。
距離経験はありませんし、何気に関西遠征も初。初物尽くしですが、能力的にはやはり抜けているだけにそれほど問題はないと見ています。

上位人気2頭を外せないと考えているので、3着候補は少し穴を狙いたいところです(と、いっても3番人気以下は10倍を越すくらいになりそうなので、すべてが穴みたいなもんですが…)

天皇賞(春)の予想
◎ゴールドシップ
○フェノーメノ
▲デスペラード
△カポーティスター、ムスカテール

ゴールドシップとフェノーメノについては上述。

デスペラードは追い込み一辺倒のイメージでしたが、ステイヤーズステークスと阪神大賞典ではまくるような形で結果を出しました
この点は素直に進化と捉えていいんじゃないでしょうか。

次にカポーティスター。先行しながら34秒台の脚を使えるタイプで、実は天皇賞向きではと思っていた馬。
外目の枠が気になりますが、人気もなく面白いのではないでしょうか。

最後にムスカテール。この馬も後方から行くタイプですが、まくってのレースもできる馬
デスペラードよりは実績が落ちますが、人気もその分ないので買う価値はありそうです。

参考になった!と思ったらクリック、お願いします→人気ブログランキングへ

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントは受け付けていません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。