【予想】キズナをアタマから外したい理由と代わりに浮上する馬

HorseBy Moyan_Brenn

今日は西のダービー最終便、京都新聞杯。重賞での実績があるのは、一番人気になりそうなキズナ、きさらぎ賞2着のマズルファイヤー、京成杯2着のアクションスターの3頭。

実績・能力ともにキズナが一歩リードしているとは思いますが、過去の傾向や今の馬場を見ると必ずしも確勝級とは言いがたいのではないかと思っています。その理由は京都新聞杯で求められやすい能力がキズナの特徴とは一致していないから

京都新聞杯は持続力が求められるレース

京都新聞杯の行われる2200mコースは最初のコーナーまでの直線が比較的長く、先行争いはそれほど激しくならないコース。
道中はゆったり流れる代わりに、仕掛けどころが早くなり残り4〜5ハロンからの持続力勝負になることが多いレースです

キズナはラジオNIKKEI杯2歳ステークスの時は残り4ハロンから加速するレースで最後は逃げたバッドボーイに差し返されたように、斬れはあるけれども持続力には欠けるタイプ。ディープ×ストームキャットの配合も斬れに優れたタイプを出す配合だけに、ここはやや向かない条件と言えると思っています

能力で押し切る可能性もありますが、このことからアタマを外して連下で買ってみるのが面白いのではないでしょうか。

京都新聞杯の予想
人気ブログランキングへ
○キズナ
▲マズルファイヤー
△ウインアルザス、ライジングゴールド、ハッピーモーメント

本命は5戦して掲示板を外していないこの馬→人気ブログランキングへ
瞬発力勝負になったアザレア賞はふるいませんでしたが、あずさ賞は完勝。持続力勝負の方が向きそうですし、先行できる自在性も魅力の一つです
能力差はあると思いますが、自分の能力を活かす競馬が出来ればチャンスはあると思います。

対抗は能力が高いキズナを置きます。

3番手はマズルファイヤー。
皐月賞は出遅れて持ち味を活かせず。と言っても自分の競馬ができても家賃が高かったとは思いますがね。
2走前の若葉ステークスは道中が早くなる逃げたこの馬には厳しいレース。皐月賞と合わせて2戦連続で結果を残せていませんが、それぞれに理由があり、さらに今回能力が活かせそうなレースになるだけに面白そう。出遅れの可能性もあるだけに信頼感は今ひとつですが、この馬にも魅力を感じています。

逃げる形を持っているウインアルザスに先行して脚を使えるライジングゴールド、ズブさを見せることがあるものの、持続力はありそうなハッピーモーメントをおさえにします。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



【予想】キズナをアタマから外したい理由と代わりに浮上する馬” への2件のコメント

  1. ピンバック: 激走!データ競馬ブログ

  2. ピンバック: 高確!データ競馬

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。