【予想】馬場状態を考慮すると見えてくる函館記念で好走する馬の特徴

東京競馬場内馬場からメインスタンドを眺める
by Hitoshi Taguchi

函館は今週で5週目の開催となります。その間使用されたのはずっとAコース。
そろそろ痛みが出てもいい頃ですが…

函館記念は内が有利になりそう


函館記念では内枠・先行馬を狙うのがベター
参考画像:無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】

土曜日の競馬では、10、11、12Rと芝コースで行われましたが、勝ち馬はいずれのレースでも先行馬
2000mで行われた10Rこそ、2着3着は差し馬が来ましたが他のレースでは2・3着も先行馬が来ており、依然として内枠・先行馬が有利な状態が続いている印象です。

それに加えて、上記の図の示す通り、函館記念が行われる芝2000mは4枠までの内側の枠の好走率が高いコースです。
となると函館記念でも素直に内枠・先行馬を狙うのがベターと言えそうですね。

函館記念の予想


函館記念の予想印はこちら

本命はエアソミュール
スタートがイマイチ良くない馬ですが、前走は普通に出て好位置からレースができています。今回もこういう形が出来ればまず上位争いは可能でしょう。
まあ、「スタートが…」となる時点で軸として不安があるのですが、実力・枠を考慮するとこの馬からが一番可能性が高いと思います。

対抗はトウカイパラダイス
もう少し内に入れば本命にしたいくらいだったんですが、最も複勝率が良くない5枠。これはマイナス要因だと思いますが、この馬の持続力は魅力。
うまく外を回さず先行出来れば、勝ち負けも可能だと思います。ハンデも手頃ですしね。

3番手にトウケイヘイロー
淀みのない流れになりやすい1400mで能力を活かすタイプかと思っていたら、2000mの鳴尾記念で逃げ切り勝ち。少し距離が伸びても持続力勝負ならば十分に勝負できるところを見せてくれました。今回は前走ほど楽に前には行けないはず。ハンデ頭になりますし、函館のパワーのいる芝と不安要素もあるので、3番手までとしました。

今年初めころまでの競馬が出来れば面白いアンコイルド
先行力を活かして乗りたいコスモラピュタ
前走は外をマクってきて2着と力を見せたサトノギャラント
この3頭までを抑えます。

函館記念の予想印はこちら

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントは受け付けていません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。