【予想】キーンランドカップで狙いたい脚質と求められる適正

SAPPORO racetrack.
by MIKI Yoshihito

昨日の函館は雨が降って、道悪の馬場。
先週も雨でしたから内が傷んでいる状態かと思いましたが、意外にも内を通った馬も好走していました。
ただ、レースによっては見た目にも荒れた内を避けて通って差してくる馬がいるように、内が圧倒的に有利という印象はなく、差しも決まる要素は十分。

今日はその影響がどの程度残るでしょうかね。
その辺りを踏まえてキーンランドカップの予想をしていきます。

先行馬が多い今年のキーンランドカップ


今年のキーンランドカップで特徴的なのは有力馬に先行脚質が多いこと。

フォーエバーマーク、ファインチョイス、パドトロワと、どの馬も何が何でもハナをきりたいという馬ではないんですが前に行くタイプ。
グイグイペースを引っ張っていく馬がいないので、展開予想として難しいところ。

ただ、馬場状態を含めて考えると内が悪くないだけにそれなりに先行争いは激しくなってペースが上がると思うんですよね。

ペースが上がってもロスが少ない競馬ができる先行馬を狙うか、一気の脚で差せる馬を狙うかと考えれば小回りで直線の短い函館ですし、やはり先行馬に狙いが行ってしまいます。差し馬を狙うなら穴としてチョイチョイくらいの方針で。

キーンランドカップの予想


キーンランドカップの予想印はこちら

本命は前を見ながら競馬が出来そうなストレイトガール。
スローもハイも問題なくこなせそう。
連勝中ということもあって、調子もいいんでしょうしいい時の牝馬には乗っていこうと思います。

対抗は洋芝大好きなファインチョイス。
この馬もハイもスローも関係なく対応できそう。ペースが締まってくれば前走からの逆転があっても、という気がします。

3番手はパドトロワ。前走から2キロ斤量が減るのはプラス。
洋芝適正も高いですし、道悪も苦にしないタイプだけにここは面白いと思います。

あとは穴で差し馬を3頭。
決め手十分のプリンセスメモリー。洋芝適性が未知ですが、ハマれば良い脚で突っ込んでくる馬ですよね。
次にケイアイアストン。人気が無さそうですが、近走は着順こそ良くないですが差はそれほど大きくないんですよね。北海道の相性は悪くないだけに連下なら。
最後に実力馬のサンカルロ。流れが速くなっても差してくるとするならこの馬かなと。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントは受け付けていません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。