【予想】新潟記念の予想をする上で鍵になりそうな馬場傾向

DSC01902
by yukishana

今週はどの競馬場も道悪馬場。予想が難しいところですね。
小倉2歳ステークスは2歳戦のデータの少なさに加えての道悪ということでまったくわかりませんw

だから重賞予想は新潟記念に絞って考えたいと思います。

新潟競馬場は後方一気は厳しい馬場


日曜の新潟競馬場の予報は少し雨が降りそうですが、極端な馬場悪化は無さそう。

土曜の競馬を見る限りでは内を通った馬の連対も見られ、ほぼ内外フラットに近い馬場。
極端な外差しに寄る訳でもなく、後方一気はなかなか決まりづらい状態にあると言えそうです。

もともと新潟記念では、長い直線のわりには前目につけた馬の好走が目立ち、思ったほど差し馬が連対していません。

今年は例年よりも開催時期が短く馬場にどういう影響が出るかと注目していましたが、新潟記念に限って言えば、例年の傾向から大きく変えてみる必要はないんじゃないかと思っています。

新潟記念の予想


新潟記念の予想印はこちら

一番人気になりそうなダコールですが、厩舎コメントにもちょくちょく出るように、パンパンの良馬場希望のタイプ。
ですが、毎回出走するたびに雨が降るツキのない馬で、今回も少量ですが雨模様になりそう。
脚質も後ろから行くタイプで新潟記念とあまりマッチしなそう。

能力上位にいるのは間違いないのでバッサリ切るところまではいきませんが、割引は必要と見ます。

本命に推したいのが準オープンからの昇級になるカルドブレッサ。
毎回上がり上位を使うというタイプではないですが、それほどペースが速くならない距離なら比較的前目でのレースが出来るタイプで、そこから上がりをまとめられる馬。新潟記念で合うのはこういうタイプなんじゃないかと思うんですよ。
今回は人気どころが溜めるタイプですし、チャンスがありそうだと思います。

対抗には小回り巧者のエクスペディション。
新潟記念は大回りじゃないか!と言われそうですが、過去の連対馬を見ると意外にも小回りコースでの実績がある馬が多いんですよね。
サラブレ誌上でも触れられてましたが、新潟の馬場にその秘密があるんじゃないかと言われていました(詳細はサラブレを御覧ください)が、わりと後方からレースを進めるというイメージで言うと、ダコールよりこちらの方が好走のイメージが湧くんですよね。個人的にですが。
人気落ちしたところで走るイメージもありますし、今が狙い時なのかなと思っています。

3番手はトレイルブレイザー。
この馬も小回り巧者のイメージ。実績があるだけにトップハンデとなって58キロなのが少々気がかりですが、能力的には高いと思います。

以下、ダコール、ニューダイナスティの人気上位に支持されそうなところを抑えとして考えています。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントは受け付けていません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。