人気馬に死角の多い混戦ムードの秋華賞の予想

SAPPORO racetrack.
by MIKI Yoshihito

いつになく混戦模様の今年の牝馬路線。桜花賞馬のアユサンが秋は全休。

1番人気になりそうなデニムアンドルビーは桜花賞に出走していませんから、桜花賞もオークスも好走した馬っていうのがいないんですよね。
桜花賞上位組があまりいないこともあってオークス組が人気の中心になりそうですが、オークス組も死角が多くて難しいレースです。

デニムアンドルビーの死角

デニムアンドルビー最大の死角はスタートの問題。内田騎手や角居調教師いわく、スタートが遅いのではなくて出足がつかないんだそうでいわゆる「出遅れ」ではないって強調してたりしますが、まあスタートは置かれてしまうのがこの馬の常。

ローズステークスも道悪馬場でポツンと置かれたので、違う馬を狙っていたボクは「キタキタw」と思ってたんですが、結果はご存知の通りスゴイ脚で差しきってしまいましたね。

能力を感じさせた一戦でもありつつ、小回りになる今回は死角もあるなと思わせる内容でした。

スマートレイアーは揉まれてどうか

春の実績はないものの、非凡なレースぶりで2、3番人気あたりになりそうなのがスマートレイアー。

確かに末脚なんかは良いものがあると思いますが、過去のレースはすべて広いコースの1800m。今回京都内回りのコースに替わって求められる適正が異なりそうなだけにこれまでの弱い相手にしてきた競馬で通用するかが鍵になりそう。

しかも今回は最内枠。

例年秋華賞は1、2枠と相性がいいので、スマートレイアーにも好材料となる可能性はありますが、とにかく揉まれてレースをした経験がないのでいきなりのG1で最内枠は試練になるんじゃないかと思うんですよね。

秋華賞の予想


秋華賞の予想印はこちら

本命はティアーモ。
スマートレイアーと同じく上がり馬ですが、前目から競馬ができる上に内容も非常によく、能力的には牝馬の中でも上位に位置しているくらいじゃないかと思います。オークスも何気に6着ですしね。

少し間隔が開いていますが、じっくり調整してきたと捉えて狙ってみます。

対抗はデニムアンドルビー。
上に書いたように死角があるのは事実ですが、能力が抜けているのもまた事実。
ローズステークスのあの馬場をあれだけの走りをしては反動が出る可能性も考えられますが、外すわけにいかない1頭でしょう。

3番手はローブティサージュ。
ローズステークスは重い馬場でも速い流れ。それを先行して早い段階で先頭に立つ競馬で見どころはあったと思います。
仕上げ的にも余裕のある感じなのかなと思いましたし上積みがあるんじゃないでしょうか。

スマートレイアーは過剰人気という気がしますが、余裕があれば抑え。
メイショウマンボも同じく。ウリウリは決め手がありますし、人気もそれほどでもないので抑える価値は十分でしょう。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントは受け付けていません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。