スワンステークスは先行馬が鍵!3頭の先行馬をどう扱うか-スワンステークス予想

今日は京都競馬場でスワンステークス。グランプリボスとサダムパテックの2頭のG1馬が登録してきましたね。

先週の富士ステークスではダノンシャークが完勝でマイルチャンピオンシップの有力候補にのし上がりましたが、G1馬がここで復活の狼煙をあげられるのか、注目が集まるところ。

スワンステークスにはG1常連となったマジンプロスパーや1400mの鬼サンカルロなど実力馬が揃っているだけにどの馬が勝ってもおかしくない状況。
さらにさらに、道悪馬場が予想されているのでそれがどう影響してくるか…。
なかなか難解なレースになりそうですが、予想していきます。

スワンステークスのセオリーは外枠&先行馬だが


スワンステークスは過去5年で1番人気が1勝のみ。人気馬の凡走が目立つ上に2桁人気の馬が4頭も馬券に絡む波乱含みの傾向が強いレース。

そんなスワンステークスで共通しているのが外枠の馬と先行馬。
3〜4コーナーの下りを惰性で走れるコースだけに先行馬が粘り込めるレースなんですが、今年は例年に増して先行馬が揃ったレースとなりました。

前に行きそうなのはテイエムオオタカ、エーシントップ、コパノリチャード。
逃げたいのはコパノリチャードで、テイエムオオタカとエーシントップは番手からの競馬になるのかなと思うので、先行馬豊富でも極端に速くならないんじゃないかと思うんですよね。

でも、コパノリチャードは前走ポートアイランドステークスで惨敗、エーシントップはスワンステークスではあまり成績の良くない休み明けとあまり良くない要素が多いんですよね。

というわけで先行馬からはテイエムオオタカを抑える程度に考えています。

外枠の馬は魅力のある馬が


もうひとつの狙い目は外枠ですが、ここには狙いたくなる要素がある馬が多いですね。

まずG1馬のグランプリボス
スワンステークスで好走する馬は秋すでに1走している馬が多いんです。グランプリボスはぶっつけでスプリンターズステークスに臨んで7着。とはいえ0.3差ですから大きな差はつけられていません。叩いて良くなってくるタイプだと思いますから、ここでも買えるでしょう。雨は多少心配ですが。


もう1頭の注目馬はマジンプロスパー
急速に力をつけてG1で掲示板に載るのはもう珍しくないという感じ。この馬も先行出来るだけのスピードはありますから、道悪になっても前に行くことも出来そう。スプリンターズは中団からのレースでしたが、最後の伸び脚は鋭くて惜しかったですね。

スワンステークスの予想


スワンステークスの予想印はこちら

本命にはマジンプロスパーを指名。
理由は上述したとおり。能力はG1馬に引けをとらないですし、スプリンターズステークスの内容も良かったですからね。

対抗にはアドマイヤセプターを指名します。
今回、先行馬が多いレースになりましたが、ペースはそれほど速くはならないと思うんですよね。
そうなるとアドマイヤセプターの得意な条件に近づきます(アドマイヤセプターは比較的末脚が活きる展開で強い)。京阪杯みたいに内でうまく馬群がさばければですね。

3番手はグランプリボス。
外枠で、ローテもOK。一度叩いてですから、買える要素も十分。57キロは買いでしょう。

あとはダイワマッジョーレとテイエムオオタカを抑える程度で。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。