ボクがルルーシュを軽視するたった一つの理由とアルゼンチン共和国杯の予想

アルテミスステークスはタテ目の決着。まあ、あまり惜しくないタテ目だったんで諦めがつきますね。

さて、今日は通常とは異なる能力が求められやすい東京2500mのコースで行われるアルゼンチン共和国杯。
なかなか人気が割れているようですが、人気の一角であるルルーシュは個人的には軽視したいと思っています。

ルルーシュ軽視の理由とアルゼンチン共和国杯の予想をどうぞ。

アルゼンチン共和国杯はルルーシュ得意の舞台だが


アルゼンチン共和国杯1着、目黒記念2着と東京2500mではパーフェクトな成績を残しているルルーシュ。

アルゼンチン共和国杯でも人気になるのも頷けるんですが、今回は臨戦課程に不安が。
前走があのドロドロ馬場の札幌記念。

札幌記念を走った馬はダメージが大きい馬も多いですからねえ。

札幌記念の敗因は馬場だったと思うんですが、昨年より臨戦課程は良くなくトップハンデになるのならここは消してみて面白いのかなと思っています。
去年より他に買いたい馬がいますしね。

アルゼンチン共和国杯の予想


アルゼンチン共和国杯の予想印はこちら

本命はムスカテール。
本命にしたのは決してボクがマヤノトップガンのファンだから、ではありません!聞いてませんか。
オールカマーも本命に指名したんですが、やはり右回りは良くないようで敗因はそことのこと。であれば、今回はトップハンデでも一叩きして狙い目なのかなと。


対抗にはメイショウナルト。本格化した感のあるハーツクライ産駒ということで勢いのあるうちはだまって買いでいいのかな。
2000mくらいで良績が集中してますが、自在に動けるタイプですし距離は問題ないでしょう。


3番手にアドマイヤラクティ。
目黒記念の敗因が何かと思い、いろいろ探した結果「敗因はどうもよくわからない」という見解が調教師から出ていたようでそこが気になるところではありますが、合わない条件とは思えないんですよね。こちらもムスカテール同様に秋に一叩き後のレース展開。


あとはディープ産駒ながらなんとなく鈍くて長距離に合いそうなディープインパクト産駒のエックスマークもおさえに加えて勝負したいと思っています。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。