サンデー系が不振な京王杯2歳ステークスはこう予想する

今日は難解な2歳の1400m重賞が2つ。まずは京王杯2歳ステークスから。

このレースはサンデー系との相性が良くないレース。
つまり普通の傾向とは異なる傾向が強いレースです。こういうレースでは往々にして高配当が期待できたりします。

ただ、今年はディープインパクト産駒がおらずどの馬にもチャンスがありそう。


展開が鍵となりそうな京王杯2歳ステークス


今年の京王杯2歳ステークスで難しいと感じるのが、どういう展開になるのかということ。


例年は1200mをスピードで押し切るタイプの馬が何頭か出てきていることが多いのですが、今年は新馬・未勝利上がりが多く、しかもスローの1400m戦を走ってきていたりしているので、どの馬が前に行くかというのが予想しづらいメンバー。


これまでのレースを見るとテイエムキュウコーが前に行くのかな?という程度でハナを主張する馬がなかなか見えてきません。

こういう状況だけにハイペースというのは考えにくく、ある程度前につけて好位差し出来る馬というのが有利になる展開になると踏んでいます


京王杯2歳ステークスの予想


京王杯2歳ステークスの予想印はこちら


前に行って雪崩れ込む競馬になるという見立てなので、溜めて切れるタイプよりも前向きなスピードを持った馬の方がいいと思います。


と、いうことで本命はモーリス
前売り時点では随分抜けた人気になっていてちょっとイヤですが、新馬の内容を見ると能力は高いんだろうなと思いますから仕方ないですね。
父はグラスワンダー産駒のスクリーンヒーロー。なんとなく去年の2歳重賞で活躍したクラウンレガーロのスケールを大きくしたようなイメージを持っています。まだ1戦しかしていないんでわからないんですけど。

当初はこれほど前売り段階で人気になるとは思っていなかったんで、オッズ次第では危険な人気馬にも見えてくるところが…。


対抗はマイネルディアベル
こちらは2勝馬。くるみ賞を逃げ勝ってますが、前売りでは人気がありません。
前走があまり速くない流れでの逃げ切り勝ちということでノーマークのフロックと見られている向きがあるのかもしれません。
ただ、ナイキアディライト産駒で母父トニービン。切れる血統ではありませんが、平均ペースで行けばしぶとそうな血統。止まりそうで止まらないタイプでしょう。先行争いはそれほど激しくないと思うので、積極的なレースができれば十分チャンスありかと思います。

ナイキアディライト産駒をJRA重賞で買えるなんてことはめったにないと思いますしw


3番手はラブリープラネット
重馬場ながらテンが速かった小倉2歳ステークスで3着。このレースの勝ち馬がホウライアキコで後にデイリー杯2歳ステークスを勝ったのはご存知でしょう。レースレベルは低くなかったと思います。
とはいえ、内をぴったり回ってロスの少ない競馬をして最後は止まっていたところを見ると、ホウライアキコとは差がありそうなのもまた事実。人気的には手頃な感じになりそうなので狙ってもいいかなというのが本音でもあります。


4番手はクインズハリジャン
未勝利戦の勝ち方は地味ですが、楽勝だったと思うんですよね。まだまだ時計は詰められそうな印象があります。
父と母父の組み合わせは京成杯オータムハンデを勝ったファイアーフロートっぽい感じで、前に行って持ち味が出るタイプという印象なだけに、今回は展開的にもチャンス有りかなと見ています。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。