今年の妙味は古馬の牝馬にあり!エリザベス女王杯の予想

土曜の京王杯2歳ステークスは本命に指名したモーリスが出遅れて6着。馬券は自信がなくて、妙味を感じた対抗指名のマイネルディアベルの複勝とモーリスからマイネルディアベルのワイドの2点しか持っていなかったので傷は浅く済みました。

今日はエリザベス女王杯。昨日のレースで厄を落としたと思ってスッキリ当てたいところですがどうやら天気が下り坂のようで、前日予想派のボクはヤキモキしてます。。

悩ましい部分が多いのですが、穴馬浮上の余地ありと見て何頭か面白そうに感じる馬を拾い上げてみました。


前走条件戦馬がエリザベス女王杯で連対できる可能性は低い


今年は古馬牝馬チャンピオンのヴィルシーナと3歳二冠牝馬のメイショウマンボにトライアル二冠のデニムアンドルビーが拮抗する人気になりそう。
それにヴィクトリアマイル勝ちのあるホエールキャプチャが続くという感じで上位の人気となりそうですが、それ以下の単勝オッズ15倍〜20倍くらいの中穴には前走条件戦を走ってきたディアデラマドレ、エディン、ラキシスあたりがつけそうな感じで前日人気は推移しています。


昨年、ピクシープリンセスが前走1000万勝ちからの3着を見せたのが記憶に新しいのでこうした人気になっているのでしょうか。
でもよくよく見てみると過去5年で前走条件戦の馬が複勝圏に入ったのはピクシープリンセス1頭なんですよね。


今年も昨年のエリザベス女王杯に続いて道悪になる可能性もあるので再現を狙っているのかもしれませんが、基本的にはオープンクラスで通用する力がなければ好走するのは難しいレースだと思います

しかも、今年の古馬牝馬は人気こそあまり高くありませんが、長い不振が続く馬ばかりではありません。
妙味は古馬のオープンクラス牝馬にあると見ています。

メイショウマンボとデニムアンドルビーの扱いは


エリザベス女王杯でもう一つ鍵になると見ているのがメイショウマンボとデニムアンドルビーをどう絡めるか。

3歳でエリザベス女王杯を好走しているのはいずれも秋華賞上位馬。
となれば素直に評価していいのだと思うんですが、秋2戦がキツイレースだっただけに状態面が心配。

2頭の秋初戦、ローズステークスは道悪の競馬。デニムアンドルビーは最後方から一気の差し脚で勝ちを掴みました。
しかし本番ではその反動があったのか行きっぷりが悪く4着。疲れがあったのかな、と感じさせる内容でした。
内回りの秋華賞と違い、外回りコースに変わるのはプラスではあるんですが…。


メイショウマンボはローズステークスを4着して秋華賞制覇。
G1に向けて仕上げたところがあると思うので、やはりこちらも反動が心配なところ。G1に強いタイプの馬だと思うんですが、こちらもデニムアンドルビー同様心配なところがあります。

少なくともどちらかは好走しそうですが、両方とも好走は難しいと見ています。

エリザベス女王杯の予想


そんなわけでエリザベス女王杯の予想はこんな感じです。

エリザベス女王杯の予想印


本命は昨年の2着馬ヴィルシーナ。
京都大賞典は逃げる形になって8着でしたが、いかにも前哨戦仕上げという感じで叩き台だったので上積みは見込めそう。
牡馬相手には苦しいですが牝馬相手なら能力は上位でしょう。道悪になっても去年こなしているので大丈夫でしょうしね。


対抗はマルセリーナ。
マーメイドステークスで久々の勝利を飾った桜花賞馬。2年ぶりの勝利だったわけですが、これまでのレースでも小差のレースを続けていましたから、走れる能力は衰えていないでしょう。前走は府中牝馬ステークスで7着でしたが、前が狭く十分に追えずにゴールが来ちゃった感じ。マイナス20キロも元の体に戻っただけでしょうから、問題ないと思います。人気がそんなにないので思い切って対抗指名してみました。


3番手は2頭、メイショウマンボとデニムアンドルビー。
理由は上に書いたとおり。どちらかは上位にくると見ています。


以下、道悪になれば割引が必要ですが、能力は評価できるホエールキャプチャ。
逆に道悪になれば評価したい昨年の覇者レインボーダリア。この馬昨年の勝利以来掲示板も載れていないですが、内容はそれほど悪くないのでこの人気なら拾ってみたいところ。
重賞実績がないのは気になるところですが、秋華賞で淀みないペースを作りつつ粘りに粘って見せ場を作ったセキショウもおさえに加えておきたいと思います。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。