田端到・加藤栄の種牡馬辞典は血統が好きなら読んでおくべき一冊

田端到・加藤栄の種牡馬辞典は最高だった

毎年毎年出る度に気になっていた「田端到・加藤栄の種牡馬事典」の2015-16年度版を書店で発見。2300円というこのサイズの本にしては安いんだか高いんだか微妙なラインの値段にどうしよう。。と小遣い制の中で生きるか弱さを感じつつ、えーいと買ってしまいました。

結論、買ってよかったです。面白い。各馬の「特記データ」の項目ばっかり読み漁っています。馬券に活きるかどうかはしらないけど、小気味良い文章に引き込まれます。サラブレの金満血統王国ファンなら楽しめます。間違いなく。



ディープからスマートボーイまでを網羅


種牡馬事典というだけあって、種馬の競走馬時代の特徴から繁殖入り後の産駒の傾向までをまとめてあります。
血統派の人にはたまらない、種付け料(いろんな種付け料のパターンまで解説してる!)までキチンと書いてます。

もちろん一般ユーザー?向けな産駒傾向とか、得意距離・馬場、代表的な産駒なんかも網羅。

毎朝ウ◯コするときはサッと本棚から取り出しておもむろにズボンを下げ、種牡馬辞典を開くというのが俺流。
いや、褒め言葉でウ◯コタイムが充実しますって。気づいたら15〜20分経ってて、慌てて出勤したというのはこれまで2回あります。このままだといずれ遅刻しそう。

何が面白いかって一言では表せないんですけど、この本らしいのは現代競馬の結晶・ディープインパクトの産駒について語るのはもちろん、超マイナー地味地味種牡馬のスマートボーイまで解説が載ってること。スマートボーイ産駒の馬券で勝ったことがある人って、全国に何人いるんだろう。僕もこの本を活用して超マイナー種牡馬の馬券が獲りたい。

なんといっても加藤栄・田端到の黄金コンビの文章がたまらない


田端到・加藤栄のコンビが放つ文章がたまらない

この種牡馬辞典は2014年の種牡馬成績トップ100の馬と100位には入れなかったものの、有力視される種牡馬に関しては「特記データ」という項目があります。
ここの文章はおそらく田端到・加藤栄のコンビでやってるんじゃないかと思います。金満血統王国のニオイがするので。

例えば僕がよくダートの短距離でお世話になるサウスヴィグラスの「特記データ」はこんな感じ。

〜中略
下級条件ではダ1200、ダ1000の勝ち星を量産する。それだけ一本調子のスピード馬が多いことを意味するが、折り合いがつけば距離延びても大丈夫。重賞やオープン特別ではむしろダ1200がいまいちで、ダ1400と1600に良績が集中する。14年はコーリンベリーが思い切りのいい逃げで、並み居る牡馬に何度も泡を吹かせた。
勢いに乗ると連勝街道を驀進する一方、壁に当たると伸び悩んでしまう弱点もあり、これはフォーティーナイナー系の内弁慶な性格ゆえか。

〜以下略


と、こんな感じでスッとはいってグサッと刺さる文章が拝めます。

特にマイネルラヴの特記データは名文です。

少々値が張る本ではありますが、血統ファンもしくは金満血統王国ファンなら絶対に楽しめます。
うまく活用したら馬券で回収出来るんじゃないかな。僕はできないけど。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。