グレイトジャーニー、レゴラス、エアシェイディの今

サラブレ 2012年 9月号 [雑誌]
今年はディープインパクト産駒のビューティーパーラーがフランス1000ギニーを勝ち、海外でのディープインパクト産駒の評価も上がっているというニュースが届いている中、今月のサラブレで海外に広がるサンデー系の特集が組まれています。

日本で活躍したあの馬から、血統背景から輸出されたあの馬まで結構面白いです。


フランスで奮闘するグレイトジャーニー


グレイトジャーニーは皐月賞馬ノーリーズンの弟でシンザン記念とダービー卿CT、2つのマイル重賞を制したサンデーサイレンス産駒。

現在はフランスで種牡馬として供用されていて、年間100頭を超える繁殖牝馬と交配されているらしく、ヨーロッパに渡ったサンデーサイレンス産駒の中でも最上級クラスの種付け料4000ユーロを設定されている人気種牡馬のようです。

現在のところまだ重賞ウイナーが誕生したとの話は聞いていませんが、この調子なら近い将来重賞ウイナーが誕生してもおかしくないでしょうね。

その他フランスで供用されているサンデーサイレンス系種牡馬としてはアグネスカミカゼ、レゴラス、ペールギュント、ファイングレインなどがいます。
イタリアにはヴィータローザ、スウェーデンにゴドルフィンに所有されたサンデーサイレンス産駒のLayman、ベルギーでフサイチコンコルドの弟ボーンキングなどがいるようです。

ど~んと稼ぐ!競馬チャンネル

アメリカではハットトリックが


アメリカで供用されているハットトリックは2011年のフランス2歳チャンピオンとなったダビルシムが代表産駒。
種付け料も15000米ドルと高い種付け量が設定されています。

アメリカでも重賞馬を出しており、12年の種付け料15000米ドルは11年の6000米ドルから跳ね上がったものであるらしいです。
他にはフサイチゼノンもアメリカで供用されてステークスウィナーを出しているようです。

そうそう。フサイチゼノンの全弟のアグネスゴールドはブラジルで、リミットレスビットは韓国で種牡馬となっています。
アグネスゴールドは初年度産駒で現地重賞勝ち馬を出し、好調な滑り出しらしいですよ。
母エリザベスローズは偉大だなあ。

韓国ではニホンピロニール、エアシェイディなども供用されていて、今後の活躍が期待されています。
ハットトリックのようなGIを勝つような馬の海外供用は多くありませんが、重賞を賑わせた馬の海外供用は増えてきています。
南アフリカで供用されているアドマイヤメインもかなり期待されているという記事もありましたので、興味のある方はどうぞ。

サラブレ 2012年 9月号 [雑誌]
サラブレ 2012年 9月号 [雑誌]

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。