最強の競馬論

最強の競馬論 (講談社現代新書)
前にも紹介したかもしれない森秀行調教師の「最強の競馬論」。オルフェーヴルがフォワ賞に登録したというニュースを見て、そういえば森さんも海外挑戦について語ってたなと思いもう一度引っ張り出してみました。

これがなかなか興味深い内容だったのでご紹介。

無料情報で完全勝利!?

日本馬は強い!


最強の競馬論が発売されたのは2003年。この頃と言えば森調教師が管理していたシーキングザパールがモーリス・ド・ギース賞をアグネスワールドがアベイ・ド・ロンシャン賞を勝ち、オルフェーヴルの父ステイゴールドが香港ヴァーズを勝った頃。日本馬の本格的な海外進出が始まった頃ですね。

この頃に既に森調教師は日本馬に海外GIを勝つ能力が十分に備わっていることやイギリスよりもフランスの方が日本馬には合うことなどをしっかりと掴み、ハッキリとした勝算があった上での挑戦をしていたことがわかります。


先日ディープブリランテがキングジョージに挑戦しましたが、もちろんオーナーの意向があったにせよ、ディープブリランテより現実的なレースを選び、その上勝利。
日本ではGIを勝てなかったアグネスワールドを種牡馬にする(現在は引退)という仕事を果たした功績は本当に大きいものだと改めて感じました。

現在は一時期に比べると低迷している感がかなりある森厩舎ですが、最強の競馬論の内容自体は今をもって新しい情報が含まれた素晴らしいものです。海外遠征についての部分だけでも読む価値ありかと思いますので、お暇なときにどうぞ。

最強の競馬論 (講談社現代新書)
最強の競馬論 (講談社現代新書)

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。