【JRA補完計画】EVA券の発行枚数は?〜宝塚記念編〜

トッププロモーションズ販促会議 2012年 11月号 [雑誌]

今月の「販促会議」という雑誌は11月に新劇場版が公開されるエヴァンゲリオン関連のプロモーションについての内容。
JRAもJRA補完計画というプロモーションでエヴァとコラボしてやってますよね。

JRA補完計画は秋のGIシリーズから本格的にプロモーションが始まるみたいなんですが、「販促会議」の中ではプレ稼働となった宝塚記念の内容に触れられていました。


宝塚記念で発行されたEVA券は25000枚


EVA券とは
SMART!JRAのプロモーションの一環で、指定されたレースの単勝+複勝を予想するもの。
予想が的中すると、エヴァンゲリオンとコラボしたグッズが当たる。応募は無料で行える。本物の馬券ではないので払い戻しは無い。


詳しくは紙上をご覧いただきたいのですが、宝塚記念のEVA券発行枚数は約25000枚だそう。
この結果にJRA広報としては「手応え有り」的な反応。

まあ、雑誌に載せる以上「いやー、思ったより少なかったねー」とは言えないでしょうから、こう答えざるを得ない部分はあるんでしょう。

しかし、JRA補完計画のサイト、YouTubeの動画、TVCM等、これをやるために莫大な費用がかかっていることは想像に難くないんですよね。
その結果が25000枚のエア馬券ってのはちょっと悲しすぎやしませんかね。

感覚だけで語ってもしょうがないですから、宝塚記念の売上を見てみましょう。

年度勝ち馬売上額
2008年度エイシンデピュティ213億2734万1400円
2009年度ドリームジャーニー192億9244万200円
2010年度ナカヤマフェスタ179億9946万4100円
2011年度アーネストリー206億6041万9900円
2012年度オルフェーヴル196億9986万9800円

売上を見ても、一昨年よりは良くなってますが震災のあった11年よりも10億くらい少なくなっています。
三冠馬のオルフェーヴルが出走してこの数字というのはやはり物足りないと思う(ディープインパクトの年は約210億円)

これでは、エア馬券売りにいくらかけてんだよ!という批判をされてもしょうがないんじゃないですかね。

狙いは理解できるが、決定的に売上に繋げる方法が見えていない


ボクのまわり(20代後半〜30代)にもエヴァファンはいます。
ボクも実際この劇場版全て見てます。

だから、JRAがこの層を狙っているという意図はよくわかるんです。
でも、決定的に足りないのは「馬券を売る」こと。

AKBにしても馬駆音祭にしても、競馬場に呼び込もうという意図はよくわかるんですけど、来ておしまい、なんですよね。
日夏ユタカさんのTwitterの発言をお借りすると

「馬駆音祭」で検索すれば、たくさんの最高だったという言葉に出会える。でもそこに競馬場もサラブレッドという言葉も、ない。ほんとに、パドックでの印象でしかないけど、AKBのファンのひとたちよりもはるかに、競馬に興味もってくれそうなひとたちだったんだよ…。正直、凱旋門賞より悔しい。-twitter


競馬に興味ない人にとって、馬を見たって「でかいなー」くらいなものだし、馬券を買ってみようかな?と思っても単勝と複勝の違いもわからんのです。
券種もわからなければ、どの馬がいいかも見たって普通はわからない。それでは「買ってみよう」の意欲は沸かない。

馬券は当たるから楽しいのであって、それを体感してもらおう!という部分が欠落していると思うんですよ。
競馬場に来てもらえれば馬券を買ってもらえるだなんて甘えた考えではいくら呼び込んでもきっと売上は増えないでしょう。

きっとお上のことだから消化しないと来年度は予算が付けてもらえないとか、そういった事情もあるのでしょう。
だから、成果が上がらなくてもCMもバンバンやっちゃう。
それは競馬の未来につながっているのかな。

競馬が無くなって欲しくない、衰退して欲しくないという人たちの声はどうやったら届くんでしょうかねえ。


競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。