京大式超オイシイ! 馬券の選び方

京大式超オイシイ! 馬券の選び方 (競馬ベスト新書)
京大式超オイシイ! 馬券の選び方 (競馬ベスト新書)

ちょっと前に「京大式超オイシイ! 馬券の選び方」(久保和功さん著)という本を買いました。

これがなかなか良かったのでレビュー。


競馬をもっと楽しむための馬券の買い方を学ぶ


京大式超オイシイ! 馬券の選び方はいわゆる馬券術的な本ではなく、馬券の券種の選択の仕方や自分の考えの反映のさせ方についてフォーカスした内容。予想をして、外れた時「ああ〜、なんでワイドで買ってないんだよ!」という後悔が残る人には読んでもらいたい一冊です。

はっきり言うと、誰でも勝ち馬がわかる馬券術で大もうけをしたいという人には向かない本w

目次はこんな感じ。
  1. 基本例に見る券種の選択
  2. 競馬で儲けるための方法論・入門編
  3. 競馬で儲けるための方法論・応用編
  4. 馬券授業のクライマックス
  5. 効率アップのための馬券補習授業
京大式というだけあって、学校の授業風な目次ですが、競馬ファンならスっと入れる内容なのでご安心をw

この中で参考になるなと感じたのは第一章の基本例に見る券種の選択。
複勝とワイドがどちらが有利なのかとか、馬連と馬単ウラオモテはどういう場合に使い分けるべきなのかとかいったことを解説してくれているのが本章。

イマイチわかっているようで理解していない人も多いんじゃないかと思いますが、自分もまさしくそのうちの一人。
単勝1倍台の1番人気を軸にした場合の複勝とワイドの損得についてなどは考え方として非常に参考になります。

僕は棟広良隆さんの本も好きで、何冊か読んでいるのですが(参考:収支を劇的に上げる京大式馬券格言)棟広さんの本よりもより具体的で実践的な書き方がされており、すぐに使える点も魅力。

ここ2週ほどこの本を参考に馬券を買っているんですが、外したレースも「これなら仕方ない」と諦める気持ちがすぐにつくようになったのもこの本のおかげ。菊花賞もゴールドシップとユウキソルジャーの馬連を持っていたんですが、レース後も「ワイド買っておけばよかった。。」とは思わずにすぐ切り替えられました。
そうすると、外れを引きずることもなくまた次のレースへ向かえるので精神的にも良いですし、何より競馬が楽しいと思えるのがプラス(笑)

競馬で儲けてナンボや!という人には向いてない本でしょうが、競馬が楽しい!という人が読めばもっと楽しくなること請け合いな一冊です。ここ最近読んだ中では一番オススメできるかもー。


競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。