【金杯はケン】土曜日の勝負レースは新春Sで

中山金杯勝ち馬 フェデラリスト(蛯名正義)3
中山&京都で金杯ですね。
しかし、メンバーを見ても混戦で正直どの馬が良いかよくわかりません。

って、ことで金杯は東西ともにケンw
一応予想だけ書いておきます。

んで、狙いレースは京都10Rの新春S。


中山金杯の予想


展望記事でも触れましたが、ここ2年は米国血統でスピードタイプが勝っているレース。
キョウエイストームはスウェプトオーヴァーボード産駒の米国タイプの血統。内枠に入りましたし、中山巧者でもあるので狙いたいところですが、近走をみてるとさすがに強気にはなれないんですよね。

と、いう訳でキョウエイストームをヒモに加えた感じで。

人気ブログランキングへ
○タッチミーノット
▲アドマイヤタイシ
△キョウエイストーム

本命には55キロと手頃な斤量が魅力のこの馬→人気ブログランキングへ
前走は好騎乗もあっての2着という感じはしますが、斬れ勝負になるよりはこの舞台の方が合いそう。
ただ、馬券的に美味しかったのは前走という感じがするだけに、今回はあまり勝負したい気持ちになれません…。

対抗にタッチミーノット。
この馬も何気に中山は好成績。

アドマイヤタイシも最近は好調ですし切れないところ。
こうなると人気同士での組み合わせになっちゃうので、あまりオイシクないんですよね。なのでケンw

新春Sの予想


京都の金杯もわかんない。でもまったく勝負しないのは楽しくない、ということで個人的に好きな1400m戦の新春Sを狙ってみます。

京都の外回り1400mでの施行となるこのレース。
開幕週ですから基本は先行馬狙いと考えるべきでしょうね。

人気になりそうなのがタイキパーシヴァルとメイショウゲンブ。
この2頭はどちらも前走逃げの作戦でレースをして来た馬。
しかもタイキパーシヴァルは1600万を2着、メイショウゲンブは1000万を1着ということで、調子も良いようです。

この2頭はまあ相手に加えて問題ないとして、狙うのはこの2頭を見ながら競馬が出来る馬
京都の外回り1400mはコーナーが下りになっていてスピードに乗ってコーナリングする形。
さらに内回りとの合流があったりして内が開くんですよね。
それでいて直線も長いですから、意外に差しが届くんです。

まあ、開幕週の馬場を考えるとあまり後方では厳しいとは思うので、前の2頭を見ながらという位置で進められる馬を狙います。

人気ブログランキングへ
○ノーブルディード
▲メイショウゲンブ
△タイキパーシヴァル、カイシュウコロンボ

本命は初距離となるこの馬→人気ブログランキングへ
1200mを使い続けた馬で、1200m戦では後ろからの競馬になることもありましたが、距離が伸びれば追走も楽になるのかなと。
前走も良い脚を使っていましたし、十分このクラスでも通用しそう。

対抗はノーブルディード。
前走は中山のマイルで逃げて惨敗でしたが、叩き効果と適鞍になる2つのプラス要素がある同馬は面白いかと。

3番手、4番手にメイショウゲンブとタイキパーシヴァル。
それに終いの脚には定評があるカイシュウコロンボを加えておきます。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



【金杯はケン】土曜日の勝負レースは新春Sで” への1件のコメント

  1. ピンバック: 激走!データ競馬ブログ

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。