秋華賞で馬券を当てるためにおさえておくべき過去の傾向・データ

Aki "DEATH NOTE" Higashihara in Kyoto Racecourse
by Ogiyoshisan

オルフェーヴルとキズナは残念でしたね。斤量差がこたえたようにも思えますが、ぐうの音も出ないほどの完敗。
今年こそはと思っていただけに残念です。それにしても鞍上ジャルネ騎手のレース後の落ち着きぶりに驚きました。表情からは「当然の結果さ」みたいな余裕が感じられました。うーん、悔しい。

オルフェーヴルの次走は有馬記念の予定。それがラストランになるようです。
キズナのように次はオルフェーヴル産駒でのチャレンジに期待ですね。

さて、今週は秋華賞です。ローズステークスはデニムアンドルビーが圧勝。1番人気が予想されますがどうなるか。
過去の秋華賞のデータから予想のヒントを探してみましょう。

過去のデータでは1、2番人気が強い秋華賞


下の画像は過去5年の秋華賞の3着以内に入った馬15頭の一覧。
秋華賞のレース結果データ
参考画像:無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】

5年の内4回で1,2番人気が2頭以上3着以内に好走と、1,2番人気は連絡みすることが多いのが秋華賞の特徴

一方で3番人気は過去5年で2着が一回あるだけと好走が少なくなっています。
3番人気に支持されて凡走しているのは、アイムユアーズ、マルセリーナ、サンテミリオン、エフティマイアといずれも春に実績を挙げた馬ばかり。
人気順が着順に直接的に影響するとは考えにくいですが、1,2番人気に支持されるほどの実力が秋華賞では重要になってくるのかもしれません。

秋華賞の舞台は内枠が鍵


秋華賞が行われる京都2000mは内回りコースで、直線が短い小回りに近いコース形態をしています。

桜花賞はコーナー2つで直線が長い阪神マイル、オークスは直線が長い東京2400mといずれも直線が長くとられるコースで行われていますが、秋華賞だけはガラっとコースの形態が変わります。

このため、コースを選ぶようなタイプは割引せざるを得なく逆に複数のコースで好走している馬は強調材料として捉えることができます。

そして、枠ですが小回りコースというだけあってロスの少ない内枠が有利。
秋華賞の京都2000mの脚質データ
参考画像:無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】

穴馬も1,2枠に潜んでいることが多くて、4頭(アロマティコ・6番人気、キョウワジャンヌ・7番人気、ブラックエンブレム・11番人気、ムードインディゴ・8番人気)が低評価ながら馬券に絡んでいます。

秋華賞の本命予定馬


ここまでさんざん1番人気と2番人気は強いのが秋華賞だよといいつつ、本命予定に考えているのはこの馬→秋華賞の本命予定馬

前走のローズステークスは豪快な脚でデニムアンドルビーが勝ちましたが、重馬場だったにも関わらず前半1000mが58秒くらいと速いペースだったのも味方しました。道悪を激走した反動も気になりますし、相手程度にとどめておいて本命は別の馬にしようと思っています。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントは受け付けていません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。