「公正な競馬」を行おうとする人には何を言っても無駄

バカ田大学模試受けた。バカ田大学模試受けた。 / senov

GALLOP ONLINE
小島茂之調教師の不服申立てをJRAが棄却 裁定委員会で

10日の東京8Rの結果に小島茂之調教師が不服申し立てを行った件について、JRAは13日、東京・六本木事務所で裁定委員会を開き、不服申し立てを棄却した。

裁定委員会は午後2時に始まった。小島調教師、当日の裁決委員が出席(同席せず)して、パトロールVTRを見ながら質疑応答された。

裁定委員は「加害・被害に直接の関係を有しない馬との着順の変更の可能性をもって被害の程度は判断されない」、「被害馬ランパスインベガスは決勝線に到達するまでの約2完歩の控えであり、その被害の大きさから競走能力の発揮に重大な影響があったとまでは認められない」として走行妨害の申し立てを棄却した裁決は相当と認められた。JRAでの騎手、調教師の不服申し立ては過去7件あり、すべて棄却されている。

「非常に残念。このあとはスポーツ仲裁機構や裁判もあるし、お金はかかるだろうけど、ベストの方法を考えてしっかりやっていくしかない」と小島茂調教師は冷静に今後について話した。

たぶん、これ見た人の反応って「知ってた」って反応ですよね。
当然、僕もそう思ってたし、須田さんや一般のファンもほとんどがそう思ってたはず。そして、申し立てをした小島調教師も。

外部委員がいたって認めるわけないじゃない

裁定が下る前に更新された小島調教師のブログ(裁定委員会を前にという記事)で、外部委員の存在について触れられてましたが、外部委員だなんて言っても結局はJRAの息のかかった人間で、JRAの間違いを正すことに対して何のメリットも存在しない人間ではないでしょうか。
だって、元JRA理事と元ジョッキーでJRAからいろいろお仕事をもらってる人、そして地方競馬の人。

この人たちに「JRAさん、間違ってんじゃね―の?」と声を上げるメリットないですもんね。

http://s-kojima-stable.at.webry.info/201206/article_4.html
マスコミの人達にコメントした
『ゴール前2~3完歩手前で…』

という言葉などは言語同断

1完歩で鼻差前に出る世界において

2~3完歩がどれだけ大きいか
本当に競馬を愛する者なら
誰もが知っていること
だ。

小島先生はそんなのわかってて敢えてブログに外部委員について書いたのであって、JRA及び外部委員の人間(の大半)が本当に競馬を愛する人間で構成されていないよってことを世に知らしめてくれたんですよね。

JRAは「公正な競馬」を行う機関

よくよく考えてみると、JRAの人達が競馬を愛する人達だっていう理論も無理があるように思います。

騎手や調教師、厩務員の方など、直接馬に触れる機会がある人はまだしも、JRAは就職先であり競馬を行うことは仕事だよ、と捉えている人がいることは現実社会に照らし合わせて考えてもいて当然でしょう。

だからこそ「公正な競馬」を行うことに何ら疑問を感じず、ああいった受け答えをしてしまうのだと思います。

皮肉なのは「公正な競馬」を行おうとすることで、ユーザーである馬券プレイヤーや競馬ファンとの間には溝が深まっていること。
「公正な競馬」は馬券の売り上げアップにはつながっていないんですよね。

ビジネスはユーザーの希望に応えることとイコールではありませんが、ユーザーの声を全く無視して成功した企業はおそらくどこにもありません。AKBを使ったり、お笑い芸人を競馬場に呼んで新しいファン層を獲得しようという努力は確かに感じます。
しかし、おそらく売り上げの大半を占めるであろう既存ユーザーの声に耳を傾けなければこの先もまだまだ馬券の売り上げは落ち込んでいくでしょうね。

「公正な競馬」を行う人にとってはどうでも良いことかもしれませんが。

超バカの壁 (新潮新書 (149))
超バカの壁 (新潮新書 (149))

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。