ディープ産駒のデータと川田騎手のインタビューが面白い今月のサラブレ

サラブレ 2012年 7月号 [雑誌]

ツイートでディスってしまった今月のサラブレが意外と面白かったのでサラリとその内容をご紹介します。

興味が出たら読んでみてくださいね。


ディープインパクト産駒完全バイブル


今年の春のクラシックはディープ産駒中心にまわり、2年目にしてますます存在感が増してきています。

そんなディープ産駒を距離別、コース別、騎手別、厩舎別などのデータに分けて成績を紹介している今号。
「ディープ産駒はマイルで強い」というイメージを持っていましたが、一番安定しているのは1800m。次いで長距離戦も安定傾向にあるなど、持っているイメージとのズレを認識させてくれる良い内容でした。

全般的に馬券にすぐ役立つ!というようなものではないでしょうが、現状のディープインパクト産駒のイメージを補完するものと考えればなかなか充実したものです。

川田騎手の独特の騎乗フォームについて


もう一つ面白い記事があったので紹介。

旬のジョッキーにインタビューを行う「ジョッキーの肖像」という記事があるのですが、今回はジェンティルドンナでオークスを制した川田騎手。

次世代のトップジョッキーとしての期待も高い川田騎手ですが、最近話題になるのが独特な追い方をする騎乗フォーム。
自身の騎乗フォームについて賛否があることを知っているようで、紙上ではこう語っていました。

「全てこれで”良し”とは思っていません。ただ、今の時点では、1つでも前の着順になるためにはあの形で追うのが良い馬もいると判断してやっているんです。」

サラブレ「ジョッキーの肖像」より


ネット界隈では「馬を壊す」などと言われたり(何を根拠にしてるんだかわかりませんけど)もする追い方ですが、なぜああいった追い方をするかというのは語られた通り、「1つでも前の着順になるため」。

こうしたストイックな姿勢が年間100勝以上も挙げられる理由なんだと理解することができました。わりとテレビ出演なんかもする騎手だからチャラいイメージあったんですけどね(笑)

今月は920円でちょっと高いですし、付録も要らない(笑)ですが、良い内容なのでお勧めします。

サラブレ 2012年 7月号 [雑誌]

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。