次走のジャパンカップや有馬記念でエピファネイアは古馬に通用するのか-菊花賞回顧

50何年ぶりだかの不良馬場の菊花賞。戦前は波乱の香り漂う雰囲気がありましたが、終わってみればエピファネイアの圧勝。いやー、強かったですね。

今回の菊花賞、個人的な馬券の悔しさを含めて回顧してみたいと思いますw

役者が違ったエピファネイア


折り合いは大丈夫なのか!

道悪はこなせるのか!

最大の不安はヤネでは!


と言われていたエピファネイア。

菊花賞というレースは必ずしも長距離適性が必須ではありません。3歳秋での完成度が高かったり、能力が抜けていれば好走出来るレースです。
過去ダービーですら距離不安が囁かれていたローズキングダムが2着したようにね。


そうした傾向があるからエピファネイアの菊花賞は「まあ少なくとも連は外さないだろうな」と思っていたんです。直前までは。


道悪で切れが削がれる馬場を見て心変わりしちゃったんですよねえ。。
エピファネイアは中団くらいから行くと思ってましたから。


馬場を見て、そしてエピファネイアの能力をしっかりと把握してあの位置取りを選択した福永は見事でしたね。

エピファネイアに関しては能力が一つも二つも抜けていたという他ないでしょう。

今年の3歳馬は古馬に対して苦戦しているようですが、キズナにしろエピファネイアにしろ古馬とも問題なく渡り合える能力を持っていると思います。
少なくともトップレベルに関してはこの世代のレベルは低くないと思います


意外な低評価だったサトノノブレス


2着に入ったサトノノブレスもまたエピファネイア同様にスムーズな競馬が出来ました。

道中は内を回ってじっとこらえて直線はエピファネイアの通った進路をつく形。
スパッと切れる脚があるタイプではないかもしれませんが、しっかりと末脚を使える馬ですね。


先行勢が総崩れとなった神戸新聞杯で唯一の掲示板(3着)という競馬を見せてくれて、これは菊花賞で面白いな!と思ったんですが意外にも5番人気と低評価。

予想でもエピファネイア本命のサトノノブレス対抗で簡単に馬連が取れてたはず(今となってはむなしい菊花賞の予想印はこちら)なのに、不良馬場を見てエピファネイアを外すというアホな真似をしてしまって撃沈。せめて複勝にしておくんだった…。


瞬発力勝負どんと来いというタイプでないので、勝ちきれるかどうかという点で不安が残りますが、重賞クラスなのは間違いないところ。
これからの成長に期待です。

道悪のサドラーズウェルズの怖さを見せたバンデ


もう一頭の逃げ馬ネコタイショウを抑えてハナを切ったバンデ。

良馬場を想定していた戦前は軽い京都の馬場には向かないだろうなあ…。と思っていたんですが雨の不良馬場になったことで持ち前のパワーが活きました。
これまでも不良馬場のサドラーズウェルズ系には痛い目にあって来ましたが学ばないもんですw

バンデ好走の一番の理由は馬場にあるとは思いつつも、あの不良馬場で1000m通過が61.2は決して遅いペースじゃないだけに底知れぬ能力を感じたのもまた事実。

まだハッキリと特徴を捉えきれてはいませんが、今のところの評価としてはビートブラックのようなイメージとしておきます。

能力を出しきったラストインパクト


個人的にエピファネイア、サトノノブレスについで3番手に評価していたのがラストインパクト。

名前の通り、ディープインパクト産駒ですが、サトノノブレスよりも切れがない馬。
先行してくれたらいい競馬が出来るんじゃないかなと思っていたんですが、ボクの期待に応えて(?)川田騎手は先行策に。

4コーナーではエピファネイアに連れて上がってくる勢いでしたが結局バンデを交わせず4着。

道中やや外目を追走する流れになったのが結果として響いた感もありますが、川田騎手に導かれて能力は出しきったでしょう。
4コーナーで川田騎手はエピファネイアを負かしに行ったと思うんですが、勇気あるいい騎乗だったと思います。

この馬もサトノノブレス同様に勝ちきるところまでが甘い馬なので、これからどういうレースを選択するかが見ものです。


セントライト記念を勝ったユールシンギングは15着。

母系にトニービン、リアルシャダイと菊花賞に強い血がうんと入っている馬だけに不良馬場になって気持ちが揺らいだんですが、差し馬ということもあって評価は変えずにいましたが正解でした。

ジョッキーのコメントでも馬場を気にしていたという趣旨の発言がありましたから、今回は適正外だったということでしょう。

セントライト記念では負けがほぼ濃厚というところから差しきった馬ですから能力は非常に高いところがあると思うんで、これからの成長に期待です。


エピファネイアの次走はジャパンカップか有馬記念を予定しているようです。

ジェンティルドンナやゴールドシップ、オルフェーヴルと対戦するところが早くみたいですね。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。