ジャスタウェイ圧勝の必然と偶然-天皇賞(秋)の回顧

天皇賞(秋)は福永騎手がなんと2週連続のG1制覇。

ジャスタウェイ圧勝にも驚きましたが、この騎手が…G1を連勝だと!という衝撃のほうが大きかったですw
さすがは俺の翠ちゃんを射止めた男!(3回目の叫び)

と、言うわけでジャスタウェイ圧勝の天皇賞(秋)を回顧します。

ジャスタウェイは恵まれたが、恵まれただけではない


トウケイヘイローが作った1000m通過は58.4。良馬場に回復したとはいえ当日の朝までは稍重馬場でのこの通過時計はやはり速かったと思います。
ジェンティルドンナが絶好のスタートからトウケイヘイローについていく一方でジャスタウェイは中団から。

結果として前にいるライバルを見ながらレースが出来るポジションとなって、恵まれた感がある展開だったと思います

ただ、関屋記念で絶望的な位置から2着まで追い込んだ脚を見ても思いましたが、追い出してからの反応が素晴らしく眠れる能力が開花したなと感じさせる内容でした。
恵まれただけではジェンティルドンナに4馬身差はつけられないですよ。

ジャスタウェイは今回の天皇賞(秋)のような速い流れは合うんでしょうね。G3くらいのテレテレした流れより、G1の締まった流れが合うと思います。
そういう意味ではG1向きの馬なのかもしれませんね。

ジェンティルドンナの力は落ちていない


ジェンティルドンナは4馬身離されての2着。
昨年までからは想像ができない負けではありますが、敗因も明らか。

岩田騎手が言っているように良すぎるスタートが仇になったのは間違いないところ。
あれで2着を確保しているのですから、力落ちはないでしょう

運がないということはあるでしょうが。

ジャパンカップもまともに走れれば勝ち負け。馬場が悪くなったりしなければ有力でしょうね。

エイシンフラッシュは進路を探すのに手間取ったことは確かですが、結果として追い出しが遅れたことで最後まで脚が止まらなかったという感じ。
スムーズだったらもっと際どかったとは思いますが、勝ちまではないでしょう。この馬も力が出せる条件が限られていますね。

能力は出しきったアンコイルド


個人的に穴馬として注目していたアンコイルドが4着。

この馬、父がジャイアンツコーズウェイで母父アルザオと日本では主流と外れた血統ですが、京都大賞典で上がり33秒台を出しているように意外に瞬発力勝負にも対応できるところを見せている馬

極限の瞬発力勝負になると分が悪いでしょうが、天皇賞(秋)のように流れが速くなりつつ、瞬発力も必要な舞台というのは最適だと思って狙いました。

勝ち切れないところがあるのはハッキリしていますが、好走しても人気になりにくい馬ですから、条件さえ合えばまた上のクラスでも穴馬として面白いでしょうね。

次走は金鯱賞の予定のようです。

コディーノは早め先頭も、最後は止まってしまいました。
この馬もやや勝ち切れないところがありますね。

今後は休養して来春はマイル路線に進むようです。もう一枚の成長が欲しいですね。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。