新潟芝コース(1800m・2000m・2200m)の傾向と考察

Horse Racing Chester
Photo by Paolo Camera

昨日は新潟芝1000m、芝1400m、芝1600mの傾向(新潟の馬場と芝コース別の特徴(1000m・1400m・1600m))を紹介しました。
今日は新潟芝1800m、芝2000m、芝2200mの傾向と対策です。


新潟芝1800mは外枠が強い


今年はOP特別のNST賞が新潟芝1800mになって施行されます。
このコースはスタートして長い向こう正面の直線と長い最後の直線コースを通る形状。道中は最後の直線を意識するためにあまりペースは上がらず、直線では瞬発力が求められる傾向にあり、リーディング上位の種牡馬の産駒が強いです。

新潟芝1800mの種牡馬リーディング

  1. キングカメハメハ
  2. マンハッタンカフェ
  3. フジキセキ


枠別に見ると7枠の複勝率が抜けて良く、外枠優位な傾向が見られます。
1番人気は複勝率6割台とまずまず。連軸としても信頼していいレベルでしょう。

人気のリーディング上位種牡馬産駒なら狙って、リーディング下位のスタミナタイプは疑ってみるというのがセオリーになりそうですね。

1800m同様堅い傾向の新潟芝2000m(外回り)


向こう正面奥からスタートする外回りの新潟芝2000m。このコースは特別戦のみの実施となります。

狙い方は新潟芝1800mとほとんど変わりません。新潟芝2000mの種牡馬リーディングも1位はキングカメハメハで変わらず、2位、3位も斬れのあるGI血統。

新潟芝2000mの種牡馬リーディング

  1. キングカメハメハ
  2. ステイゴールド
  3. ディープインパクト


下手にヒネらず素直に買うのが良いコースですね。

1番人気の信頼度が低い新潟芝2200m


4つのコーナーを周り、直線も300m短くなるためでしょうか、1番人気の複勝率が4割台と低調な新潟芝2200m。
2番人気が複勝率5割台と逆転現象が起きています。3番人気も4割台の複勝率となっていて、新潟芝1800m、新潟芝2000mと比べると荒れる要素があるコースです。

人気馬が敗れるケースはクラスが下がるほど多くなり、未勝利や500万クラスの人気馬は信頼度が低いと覚えておきましょう。

新潟芝1000m、1400m、1600mの傾向についてはこちらの記事(新潟の馬場と芝コース別の特徴(1000m・1400m・1600m))もどうぞ。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。