2011年最後の中山競馬場の傾向を読み解く

いよいよ大晦日。2011年も最後です。
来年の目標はブログを続けることと、回収率10%アップです。

さて、早速中山金杯の行われる1/5(木)に向けての2011年最後の開催の傾向を見ていきましょう。
まずは中山から。

5回中山7日目、8日目の脚質と馬番の結果一覧

5回中山7日目、8日目の脚質と馬番の結果一覧


ダートの1800mでの中穴連対が目立ちました。枠では外枠が15/24とかなり優位な傾向。
脚質面でも、差し〜追い込みがやや決まっているように感じます。
基本的には先行が優位なダートだけに、ちょっと傾向が出てきているのかなと感じます。
連対している血統を見ていくと、さすがにダート血統が目立ちますが、タフな中山コースの中で、ちょっと異質に感じるのがプリサイスエンド産駒が2頭連対していること。これだけでは判断しかねますが、問われる部分が少しズレているのかもしれませんね。

芝コースでも、2桁馬番の連対が目立ちました。そろそろ内が荒れてきた感じでしょう。

阪神・小倉の連対馬番と脚質の一覧

6回阪神7日目、8日目の連対馬番と脚質の一覧

6回阪神7日目、8日目の連対馬番と脚質の一覧


阪神はコース別ではこれといって荒れる傾向が見受けられない平穏な閉幕となりました。
芝コースでは最終週が影響し、差し・追い込みがよく決まっていたようです。
5回小倉9日目、10日目の連対馬番と脚質の一覧

5回小倉9日目、10日目の連対馬番と脚質の一覧


小倉ではダート1700mで人気薄の好走が相次ぎました。
先行有利なダート競争の中で、差し馬の台頭が目立ち、連対馬の血統を見てもネオユニヴァースやゼンノロブロイなどSS系の芝要素の強い産駒がよく連対していました。軽めのダートとなったのでしょうか。
枠も傾向が出ており、内枠か外枠かで極端な枠が良かったようです。

便利な血統データ盛りだくさん!血統フェスティバル血統見るなら血統フェスティバル
コース別の種牡馬成績や重賞の血統一覧、過去の連対血統などを網羅!

クリックが励みになります。
人気ブログランキングへ

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。