福島牝馬Sにも役立つ今の福島の馬場状況チェック

復活から2週。4日目まで終わった福島開催。
今週は再開から初の重賞レースの福島牝馬Sが行われます。

荒れる重賞としても定着している福島牝馬Sですが、状況の変わりやすい福島の馬場が挙げられます。

そこで、先週の芝コースのレースを振り返って、現在の馬場状況をおさらいしておきたいと思います。

[ad]

福島の馬場が変わった?

今開催から福島ではエクイターフというJRAが開発した芝が用いられているようです。
以下、引用。

来週から再開する福島も、中京芝とは異なる「独自色の強い」競馬場になりそうです。福島の芝は(ほぼ)全面が「エクイターフ」で行われるからです。エクイターフは、JRAが品種改良により作り出した、新しい種類の野芝です。従来野芝よりも生育が早く、耐久性も高い特色があります。

 東京競馬場の芝レースの走破時計が、ここ2年ぐらいで一段と速くなる傾向にあるのも、直線部分にエクイターフが用いられている効果も出ているようです。GIレースは開催後半に行われることがほとんどですが、エクイターフは耐久性が高いために、良好な芝コンディションを保てるからです。

 また、最近は開催が進んだり、雨で馬場が少し痛んだ状態の方が馬場の内側が伸びるバイアスが発生する現象が見られます。これも、エクイターフが影響を与えているケースがあるのです。

魔法の芝で行われる新装福島(会員登録が必要かも)

今までの福島のイメージだと開催が進むにつれ、急速に馬場が荒れ外が伸びるようになる傾向が強かったのですが、この馬場改修によって傾向が変わる可能性が高そうです。

先週の芝コースはどうだったのか

4日目までが終了し、ちょうど折り返し地点となりました。

4/15(日)11R 奥の細道特別 芝2600m
YouTube Preview Image
2:42.6 勝ち馬 シンボリボルドー

4/15(日)12R 医王寺特別 芝1200m
YouTube Preview Image
1:08.9 勝ち馬 エトピリカ

差しは決まる馬場になってきているとは思うのですが、内が悪いという訳ではなさそう。
時計もそこそこ出ているので、前に行った馬が残れるかどうかは展開次第でしょう。

内が悪い訳ではない分、外に出すというロスが大きく、大外を回してしまうと届かないですね。
内から3〜4頭目くらいが一番伸びる辺りで、それより外を回すとロスが出てきます。
多頭数(といってもローカルだから出走馬が集まりにくいですけど)になった場合の差し・追い込み馬はちょっとその辺を意識しておくといいでしょう。

こちらもどうぞ
荒れる福島牝馬Sの狙い方

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



福島牝馬Sにも役立つ今の福島の馬場状況チェック” への1件のコメント

  1. ピンバック: 激走!データ競馬ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。