東京芝1400mの特殊性を血統から読み解くと

京王杯SCの脚質の傾向についてはこちら(京王杯SCで追い込みが届かない理由)にまとめましたが、今日は血統の傾向について考察してみました。

[ad#ad-1]

スプリント血統やダート血統が優位

京王杯SCで追い込みが届かない理由にも書いた通り、先行~前目の差しで決まるケースの多い東京芝1400mでは斬れ味勝負になるケースが他のコースに比べて少なくなります。

代わりに求められるのが、スピードを持続する能力です。

ここで、東京芝1400mの種牡馬リーディングのデータを見てみましょう。
東京芝1400mの種牡馬リーディング

東京芝1400mの種牡馬リーディング


1位が生粋のスプリント血統であるサクラバクシンオー。
2位はジョーカプチーノなど、スピード型を多数輩出しているマンハッタンカフェ。
3位に高松宮記念を連覇したキンシャサノキセキの父フジキセキと上位はスプリント血統が並んでいます。

また、ランキング的には少し下がってしまいますが、ダート適性の高い血統もここでは好走するケースが多くなっています。

ダート適性の高い血統ながらランキング上位の種牡馬
5位 クロフネ
14位 マイネルラヴ
15位 タイキシャトル
16位 フサイチコンコルド
19位 スウェプトオーヴァーボード
20位 アグネスデジタル


東京コースは総じて斬れの求められるケースが多いのですが、1400mは特殊な傾向にあります。

現役馬の中で屈指の1400mのスペシャリストであるサンカルロが昨年のこのレースで1番人気で飛んだのは偶然ではないはずです。今年もきっと後ろから行く形になるでしょうから、人気を吸い上げてくれることを期待して待っています。
京王電鉄まるごと探見 (キャンブックス )


[ad#ad-1]

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



東京芝1400mの特殊性を血統から読み解くと” への1件のコメント

  1. ピンバック: 激走!データ競馬ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。