新潟2歳Sで見られる2つの傾向とは

Tokyo Race Course
Photo by kanegen

先週の新潟9R古町特別(芝1600m)で2着降着したクイーンアルタミラ。この馬実は去年の新潟2歳Sの3着馬。
新潟マイルは昨年の新潟2歳S以来で2着入線ですから、よほど得意な条件なんでしょうね。

まだまだ経験の浅い2歳馬のレースですが、傾向は抑えておきましょう。


距離延長組が狙い目


新潟2歳Sでは前走で1200mや1400mを経験している馬の連対率が高く、過去5年15頭の連対馬のうち10頭が距離延長馬でした。

特に芝1400mを経験した馬が7頭と抜けて多くなっています。

ペースが緩みにくい1200m、1400m戦を経験している方が良いんでしょうね。ペースの緩い1800m戦からの転戦組は人気を裏切っている方が多いですから。まあ、芝1400mのダリア賞が新潟で行われていて、そのレース経由の馬が連対しているせいもあるとは思うんですがね。

一応スローを鮮やかに勝った人気馬は少し疑ってかかっておいてもいいでしょうね。

無料情報で完全勝利!?

マイナー種牡馬の産駒が走る


テンビー(07年2着シャランジュ)
ニューイングランド(09年2着フローライゼ)
テレグノシス(10年1着マイネイサベル)
チーフベアハート(10年2着マイネルラクリマ)
アドマイヤマックス(11年1着モンストール)

と中央のコースでは存在感が薄く、ローカルで輝くマイナー種牡馬の産駒が走っています。

新潟2歳Sでは差し馬が好走していて、上がりもそこそこ速いので瞬発力が求められると考えがちですが、瞬発力に優れた血統が走るという傾向はあまり強くありません。

この好走馬の血統を見ているとむしろ粘り合いに強いタイプの方が多く、その点を突くことで美味しい馬券を拾うことも出来るようになるんじゃないでしょうかね。
今週の3重賞の中では一番面白そうかなー。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



新潟2歳Sで見られる2つの傾向とは” への1件のコメント

  1. ピンバック: 激走!データ競馬ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。