誰でも1分で神戸新聞杯の軸を絞れる!その2つのポイントとは

The 46th Kokura Kinen(Kokura Racecourse)
Photo by kanegen

セントライト記念ではダービー2着馬フェノーメノが横綱相撲のような競馬で完勝。

ダービー馬ディープブリランテは菊直行の予定でワールドエースの離脱もあって神戸新聞杯に登録してきた春のGI実績馬は皐月賞馬のゴールドシップのみとなりました。
ここで快勝して菊へ臨めるか、それとも菊へ向けての伏兵が台頭するのか、注目の一戦です。


春の実績馬は鉄板級


セントライト記念に比べてなんとなく王道感の強い神戸新聞杯。
春のクラシックで実績を残した馬はこのレースから始動することが多いので、当然人気になります。
こうした人気馬はGIでの連対実績があれば、ほぼ鉄板クラス

春にGI実績がありつつ3着以内を外したのはここ5年ではアンライバルド(4着)くらいじゃないですかね。あ、あと好きだったアントニオバローズも該当するかな。

とりあえず、GIで実績を残した馬はこのレースでも中心となるので、そこは素直に従った方がよろしいのではないかと思います。

無料情報で完全勝利!?

上がりが速くなるので瞬発力重視


阪神競馬場の改装時に新設された芝2400mのコースは、スローになりやすいんですよ。
だから、神戸新聞杯でも上がりは速いタイムが記録されることが多くて、ここ2年はレースの上がりが33秒台とかなり速くなっています。(昨年はオルフェーヴルの上がりは32.8!)

つまりは、瞬発力が求められるケースが多くなりますので、それに対応出来る能力が必要。
春のGIで活躍した馬が強いのも、このレースで問われるのが瞬発力だからという要素が大きいんでしょうね。

神戸新聞杯のまとめ
● 春のGI実績馬は強い。鉄板クラス。
● スローになりやすいので瞬発力勝負。


これを踏まえれば、ゴールドシップ一択になっちゃうんでしょうね。
斬れという点ではヒストリカルとかも浮上するんでしょうが、ゴールドシップの次くらいの人気でしょうしね。
穴っぽいところを敢えてピックアップするならこの2頭→人気ブログランキングへ

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



誰でも1分で神戸新聞杯の軸を絞れる!その2つのポイントとは” への3件のコメント

  1. ピンバック: 【血統フェスティバル】blog

  2. ピンバック: 追い切り重視の競馬予想

  3. ピンバック: 激走!データ競馬ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。