菊花賞の穴ポイントを完璧に抑えた馬が1頭いる!

菊
Photo by West Zest


今週は菊花賞。去年はオルフェーヴルとハーバーコマンド(14番人気4着)のワイドを握りしめて(PATだから握ってないけど)叫んだなあ。

と、いうわけで一年は早いというオジサンに多いつぶやきをしつつ、菊花賞の傾向をまとめてありますので、ご覧ください。


神戸新聞杯からのローテーションが盤石


菊花賞の過去5年の連対馬10頭の前走を見ると、7頭が神戸新聞杯をステップにした馬でした。
しかも08年2着のフローテーション(神戸新聞杯12着)を除くと、全て神戸新聞杯で3着以内に入っています。
神戸新聞杯上位馬のどれかは菊花賞でも連に絡む可能性が非常に高いでしょう。

ちなみにセントライト記念からの連対馬は2頭と少々寂しい結果。
今年はセントライト記念勝ち馬のフェノーメノも参戦しませんし、この組から軸探しは難しいかもしれません。

上がり馬の扱い


菊花賞では格上の挑戦も多くあり、チラホラと連対馬もいたりします。(例:09年1着スリーロールス)

こうしたいわゆる「上がり馬」は1000万勝ちからの参戦が多いのですが、1000万を2戦以内に突破している馬でなければ上位争いは難しいでしょう。
その理由としては、1000万で苦戦しているようではGIでは足りないという点が一つ、もう一つは1000万で3戦以上使っていると開催の関係上押せ押せのローテになってしまって菊花賞までの余力が無いことが挙げられるでしょう。

「上がり馬」の魅力は何と言っても人気薄になることですから、もし狙えそうな上がり馬がいたなら1000万の突破の仕方に注目すると良いかもしれません。

4コーナーでは先頭を射程に捉えたい


もう一つ、菊花賞を勝ちきるために抑えておきたいポイントは、4コーナーでの位置取り。

ここ5年の勝ち馬の位置取りが全て4コーナー4番手以内。京都の外回りで直線は長いですが、後方一気を決めて勝つのはほぼ不可能になっています。

このことから、斬れる脚だけでは届かない可能性が高く、早めに動く必要があります。
3000mという長距離を走るスタミナだけではなく、ゴールまでバテずに脚を使い続けるスタミナが重要。

差し馬や追い込み馬ならマクれる能力も必須ですね。

菊花賞のポイント
・神戸新聞杯組が中心
・上がり馬は2戦以内に1000万突破している馬が買える
・4コーナーで先頭を射程に捉えられる位置につける


菊花賞の注目馬は→人気ブログランキングへ
上記のポイントを全て満たしているのはこの馬。
穴人気しそうな雰囲気はありますがね。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



菊花賞の穴ポイントを完璧に抑えた馬が1頭いる!” への5件のコメント

  1. ピンバック: 激走!データ競馬ブログ

  2. ピンバック: 【血統フェスティバル】blog

  3. ピンバック: 競馬予想で勝つ!!

  4. ピンバック: 競馬予想−(ケイバヨソウで勝とう!!)

  5. ピンバック: 【競馬シンプル予想】 ~馬券は単複で勝負!!~鉄板軸馬公開ブログ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。