【重賞組?条件戦組?】アルゼンチン共和国杯で狙いたい馬とは

Supporters argentins - Argentina fans
Photo by abdallahh


今週はGIが中休みの週。

それでも東京でアルテミスSにアルゼンチン共和国杯、京都競馬場でみやこSが行われます。

今日はJC、有馬記念へつながるアルゼンチン共和国杯の傾向をまとめてみました。


スタート直後の坂がくせ者


東京2500mは直線の入り口付近がスタート位置。直後から坂になっているレイアウトになっており、ダッシュをつけて好位を取りに行くには想像以上にスタミナが必要。しかもどういうわけか、テンが速くなりがちなんですよね。

結果として、100mしか違わない2400mに比べて上がりがかかるケースが多く、アルゼンチン共和国杯でも35秒台くらいの上がりが珍しくありません。

多いのはテンが速めになって逃げ馬が潰れて差し馬がアタマに来るケース。

逆にテンが緩ければ逃げ・先行馬が残れる展開になることもあり、08年は逃げたミヤビランベリが1着、2番手追走のアーネストリーが2着という行った行ったの競馬になりました。

ハナを主張するような馬が複数いる、または先行馬が多数揃っているなら差し馬中心、ハナを主張するのは1頭ということであれば逃げ・差しを中心に考えてみるのがベターな戦略でしょう。

条件戦上がりを嫌ってはいけない


アルゼンチン共和国杯で目立つのが、前走条件戦からの連対。
ここ5年でも、トレイルブレイザー、アーネストリー、スクリーンヒーロー、ジャガーメイル、アドマイヤジュピタと2頭の勝ち馬、3頭の2着馬を出しています。

GIIという格は高いレース(のはず)ですが、メンバー的にはあまり揃わないことも多いので条件戦→重賞のステップも積極的に狙えるんでしょう。

アルゼンチン共和国のまとめ
・展開によってハッキリ前有利/後有利がわかれる
・条件戦からの馬を嫌わない


アルゼンチン共和国杯の注目馬はこの馬→人気ブログランキングへ
兄はGI馬でスタミナがある血統。連勝で本格化の可能性もあります。
相手が骨っぽいですがなんとかやってくれるのを期待して。というか出られるのかな…?

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



【重賞組?条件戦組?】アルゼンチン共和国杯で狙いたい馬とは” への2件のコメント

  1. ピンバック: 激走!データ競馬ブログ

  2. ピンバック: 別館 ア ナ コ ー 【穴】馬を【攻】略するブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。