【武蔵野S】上位人気の頭ハネが狙い目

Dirt Jam 2010 74
Dirt Jam 2010 74 / Mike Miley


月曜にJBCクラシックが行われましたね。
ワンダーアキュートと和田が悲願のGI制覇。カリズマティック産駒という地味な血統馬が活躍するのは嬉しいですね。

一方でダート路線を牽引したトランセンドが先行するのも苦労していた姿には一抹の寂しさがありました。

今年は3歳のダート路線もレベルが高いと言われていますし、ニュースターの登場にも期待したいですね。

さて、今週末は武蔵野Sが行われます。早速展望しましょう。


武蔵野Sは上位人気馬が不振


07年〜11年の5年間で3番人気以内の上位人気馬は0勝

年度1番人気2番人気3番人気
2007年2着9着4着
2008年3着9着8着
2009年10着4着6着
2010年15着4着7着
2011年2着9着3着
しかも5年の中で3回は単勝1倍台の圧倒的1番人気でコケているので、配当も期待出来るレースです。

この時期、盛岡の南部杯やJBCクラシックなど地方統一GIも盛んに行われていて、JCDを目指す馬はそちらのレースを選ぶ傾向が強くなっています。
そのため、武蔵野Sは統一GIから溢れたGIにはちょっと足りない馬の集まりになることが多くなります。

ここで人気になりやすいのは当然そうした強い相手と戦って来た馬。
特に地方の重賞を転戦してくると、GIクラスの馬が1着、差のついた2着、3着にこうした馬が入ることが増えるので、見た目にも戦績が悪くないから余計に人気になりやすいんですよね。
ただ、GIを勝つ馬とは歴然とした力差があることも多く、意外に別路線組との力差が小さいこともあるので、過剰人気になりコケるというレースが続出しているのではないかと推測しています。

追い込み脚質は圧倒的に不利


武蔵野Sもダート戦の傾向に漏れず、追い込み馬が不利。
かろうじて連対まではありますが、ここ5年間で道中二桁番手からの勝利は0です。

勝ちにいくなら差し馬は先頭が見られる程度の位置取りが最低限必要になります。

東京コースで直線も長いためか意外に抵抗感がなく追い込み馬が人気になることもあるようで、昨年・一昨年と末脚自慢のシルクフォーチュンが上位人気に指示されていますが、いずれも掲示板にも載れずという結果。
上位人気の追い込み馬はかなり警戒した方が良いでしょうね。

あと、武蔵野Sに出走してくる馬は距離短縮または延長が多くなっています。
好成績が多いのは距離延長馬というのも軽く抑えておきましょう。

武蔵野Sのまとめ
・人気馬は疑え!特にイマイチ勝ちきれない馬は注意
・追い込み馬は勝てない
・距離延長馬を狙え


注目はこの馬→人気ブログランキングへ
3歳勢とこの馬→人気ブログランキングが人気を分け合うかと思うのですが、前走の落馬の影響で評価を落とすならかえって好都合。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



【武蔵野S】上位人気の頭ハネが狙い目” への1件のコメント

  1. ピンバック: 激走!データ競馬ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。