【ジャパンカップ】オルフェーヴルにある不安

Quai des Orfèvres
Quai des Orfèvres / Thomas Claveirole


今週は日本競馬の中でも最も権威あるG1であるジャパンカップが凱旋門賞馬を招待して行われます。

好走するかはともかくとして、1着2着馬が来たというのはなかなか見物ですね。
オルフェーヴルに死角は無いのか、考えてみました。


スローになりがちだがスタミナが必要なレース


ココ最近は古馬王道路線でペースをグイグイ引っ張る逃げ馬が少なくなり、ジャパンカップもハイペースになることが少なくなってきました。

下記は過去5年のジャパンカップのラップタイム

2011年 13.0-11.7-12.4-12.5-12.2-12.3-12.5-11.9-11.2-11.0-11.5-12.0=2:24.2
2010年 12.8-11.7-11.9-12.3-12.0-12.7-12.9-12.0-12.2-11.2-11.3-11.9=2:25.2
2009年 12.7-10.5-12.0-12.0-11.8-12.2-12.1-12.0-12.0-11.4-11.4-12.3=2:22.4
2008年 12.6-11.6-12.4-12.6-12.6-12.8-12.6-12.0-11.9-11.2-11.3-11.9=2:25.5
2007年 12.9-10.7-12.0-12.3-12.2-12.7-12.8-12.6-12.2-11.3-11.1-11.9=2:24.7

2009年ウオッカが勝った年を除いていずれの年も中盤に息が入る流れになっています。

しかし、注目してもらいたいのは青色のラップの部分。
残り800m〜1000m付近からラップが上がっており、加速が始まっているのがわかります。

同距離のダービーでは残り600mで加速が始まるのに比べて、1〜2ハロンは早めに動き出すのがジャパンカップ。

直線の斬れはもちろん、バテないスタミナも同時に求められるハイレベルな一戦であることがよくわかります。

スローであるが故に後方一気では勝ちきるのは難しく、前を射程に入れながら競馬が出来る馬を狙うのが安心。
オルフェーヴルにとってはこの点だけがマイナスポイントでしょうかね。

オルフェーヴルを除いて考えると注目したいのはこの馬→人気ブログランキングへ

前走のパフォーマンスも良いですし人気にはなるでしょうけどね。
3歳馬のフェノーメノ、ジェンティルドンナも面白いでしょうね。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



【ジャパンカップ】オルフェーヴルにある不安” への4件のコメント

  1. ピンバック: 【血統フェスティバル】blog

  2. ピンバック: 最注目レース速報 - umapi[ウマピ]~競馬予想~

  3. ピンバック: 激走!データ競馬ブログ

  4. ピンバック: 別館 ア ナ コ ー 【穴】馬を【攻】略するブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。