中山金杯でお年玉をゲットするために知っておくべき2つのこと

12R勝ち馬 フェデラリスト(蛯名正義)
「1年の計は金杯にあり」
と、いうことで正月競馬・中山金杯の傾向をまとめてみました。

過去5年で二桁人気馬が3頭も馬券になっている波乱傾向があるレースなのでしっかりポイントを抑えて、お年玉ゲットを企んじゃいましょう。


内枠先行馬が狙いのベース


2012年の中山最終開催はAコースでしたが、2013年1回中山はCコースに替わります。
最終開催で使用した部分が丸々覆われて、良い状態の馬場にそっくり替わるために中山金杯では内枠先行馬が狙い所となります。

穴馬も先行馬から出ることが少なくありませんが、その時の狙い目は近走後ろに行っている馬
過去は先行していたものの、近走は後ろからという馬やテンが速くて先行出来なかった馬が内枠に入った時は相手に加えるといいでしょう。

ここ2年はスピード化の傾向も


中山2000mで行われる金杯は上がりが34秒〜35秒くらいとややかかり気味。
坂を2回越えるレイアウトのためか、東京や京都で求められるような斬れだけでは最後の一伸びを欠いてしまうことが多いようです。

過去はスタミナをプラスされたサンデー系がメインでしたが、一昨年、昨年と2年続けてアメリカ型のスピードタイプが上位に来ています。

2010年
1着 コスモファントム(父Stephen Got Even)
2着 キョウエイストーム(父スウェプトオーヴァーボード)

2011年
1着 フェデラリスト(父エンパイアメーカー)
3着 コスモファントム(父Stephen Got Even)


ここ2回は冬の中山で2分を切る勝ち時計になっているので、たまたまスピード型血統が合っているという可能性もありますが、中山も馬場が高速化していますし、最近の傾向として覚えておいて損は無さそうです。

現段階の注目馬はこの馬→人気ブログランキングへ
この馬は内枠に入ったときの成績がいいんですよね。
中山の成績が悪いのは気になるんですが、内枠に入れば面白い存在かなと。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



中山金杯でお年玉をゲットするために知っておくべき2つのこと” への1件のコメント

  1. ピンバック: 激走!データ競馬ブログ

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。