京成杯でリーディング上位の産駒を狙うときのポイント

ベストディール 口取り
近年はエイシンフラッシュ、ナカヤマフェスタと2頭のG1馬を出した京成杯。
今年も評判馬のラウンドワールドが登録してきました。

中山2000mという特徴のあるコースで行われる京成杯の特徴とポイントをおさらいしておきましょう。


中山2000mはタフなコース設定




中山芝2000mはスタート直後に急坂を一気に上り、最後の直線で2度目の急坂を登るレイアウト。
明け3歳の若駒にはキツいタフなコース設定になっています。

そのため、東京や京都で必要な斬れの要素はそれほど重要ではなく、スタミナや持続力が求められやすい傾向にあります。

ここ最近のイメージだと、リーディングクラスの産駒ながら少し斬れが足りないタイプというのが合いそうですね。

小回り経験馬が有利


中山芝2000mはコーナーが4つのコース。形状としてはローカルに近いので、小回り適性が重要になります。
京成杯でも、過去に中山競馬場を走っている馬や札幌の小回りコースを経験している馬が多く連対しています。

逆に東京や京都でスローの上がり勝負みたいな大味なレースだけの経験しかない馬は力を出しにくい舞台設定なので疑ってかかりたいですね。

ローテーションでは、京成杯と同じ舞台設定となるホープフルS組が好相性。
ホープフルSで好走している馬は人気になりやすいですが、まあ仕方ないですね。

注目はこの馬→人気ブログランキングへ
この馬は父ディープインパクトながら斬れるタイプっぽくないですし、相性のいいホープフルステークス組。

ラウンドワールドは勝負所で反応が鈍いところがあるので、この小回りコースが合うとは考えにくいですし、なんとなく去年のワールドエースの若駒S的な感じがここでもするのであまり評価していません。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



京成杯でリーディング上位の産駒を狙うときのポイント” への1件のコメント

  1. ピンバック: 激走!データ競馬ブログ

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。