京都牝馬Sで求められるダンス的能力とは

ドナウブルー 返し馬
昨日の中山はすごい雪でしたね。あれでは中止も仕方ないでしょうね。
京成杯一本で勝負するつもりだったボクは買うレースがなくなり、ついつい淀短距離ステークスに食指を伸ばしまた養分となったのでした…。

さて、今週末の重賞展望に向かいましょう。結局京成杯を入れて4重賞が行われるんですね。
資金は持つのでしょうか…。

今日は牝馬重賞、京都牝馬ステークスの展望です。


京都牝馬ステークスは差し馬が中心


これまでは2回京都開幕週に行われていた京都牝馬ステークスが今年から1回京都最終週にスライドして開催になります。
2回京都時代はコース変わりがありながらも差しが良く決まるレースだった京都牝馬ステークス。
今年は1回京都最終週で、コースはこれまで5日間使用されたAコースでの施行となり、どういった影響が出るでしょうか。

ここまでの京都は内が良い状態が続いてはいますが…。
土曜も内が良い状態であれば、これまでの傾向とは異なるでしょうし、先週の道悪での開催が影響して内が荒れていればこれまでと同じ傾向になるでしょう。
京都牝馬ステークスの前に1000万のマイル戦と3歳オープンが芝コースでは組まれていますので、馬場の状態をしっかりチェックする必要がありそうです。

ダンスインザダークの血が強い


過去の京都牝馬ステークスではダンスインザダークの血が非常によく走っています。

2012年2着 ショウリュウムーン(母父ダンスインザダーク
2011年1着 ショウリュウムーン(母父ダンスインザダーク
2010年3着 ザレマ(父ダンスインザダーク
2009年2着 レインダンス(父ダンスインザダーク
2009年3着 ザレマ(父ダンスインザダーク
2008年2着 ザレマ(父ダンスインザダーク

ダンスインザダークといえば、斬れ味勝負では少し分が悪いものの、良い脚を長く使えるタイプが多いのが特徴。
この時期の京都の馬場にこの良い脚を長く使える特徴がマッチするんでしょう。

登録馬を見ると今年は残念ながらダンスインザダークを父または母父に持つ馬は登録していないので、ダンスインザダーク産駒の特徴に似た良い脚を長く使えるタイプを狙うのが良いかもしれません。

注目はこの馬→人気ブログランキングへ
前走は最も重い斤量を背負って0.4秒差の5着。この時の勝ち馬は京都金杯で牡馬に混じって4着ですから、内容としては悪くないでしょう。
長期の休み明けを叩いての二走目ということで上積みも期待できます。

ハナズゴールが相手になると思いますが、上手く馬場を味方に付けてくれれば。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



京都牝馬Sで求められるダンス的能力とは” への1件のコメント

  1. ピンバック: 激走!データ競馬ブログ

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。